必見!「パラダイスSのお宝情報」

▼△▼△ 見 逃 し 厳 禁 △▼△▼

今日の「宝塚記念」が終わった後、

「しまった!この馬は買ってなかったよ…」

といった悔しい思いをしたくない方は、
「元JRA調教師」の私がブ厚く勝負する
「ガチンコ買い目」に乗るべきです!

これを確認すれば、簡単に
「競馬の勝ち組」
になれるでしょう!

詳しくはこちら(完全無料)。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 219_R

昨日、函館5Rの新馬戦(芝1200m)は、小笠倫弘(おがさみちひろ)厩舎のトーセンオパール(牝・父スウェプトオーヴァーボード)が勝ちましたね。

レースでは、スタートを決めて4番手で折り合い、直線に入ると鋭く伸びて、2着のキタイに2馬身差を付ける快勝でした。

乗っていた勝浦君は、「追ってからの反応がとても良かったです。これからパワーアップしてくると思いますので、楽しみですね」と話していましたよ。

この馬を管理している小笠君は、東京大学の文学部に通っていた頃、馬術部に所属していて、当時、東京競馬場で放馬止めのアルバイトをしている内に、「競馬の仕事をしたい」と思うようになって、大学を卒業した後は、美浦トレセンの近くにある育成施設の「栗山牧場」(茨城県稲敷市)で1年くらい働いていました。

そして、1997年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の10月から、私の厩舎の調教厩務員になっています。

当時、私は彼に対して、「大人しい性格の子だな」と思っていましたけど、馬の世話は、決して手を抜くことなく、毎日、頑張っていましたから、その頃から、「調教師になりたい」という思いがかなり強かったのでしょうね。

その後、小笠君は、1999年から嶋田潤厩舎で調教助手として経験を積んで、2005年に調教師の試験に受かっていて、当時は、「初の東大卒調教師」ということや、33歳の若さで調教師の試験に受かったということで、色々と話題になったのを私はよく覚えています。

彼は、2006年の3月に自分の厩舎を開業していて、ファイアーフロートを使った2010年の京成杯オータムHで初めて重賞を勝つなど、昨日までに、重賞を3勝、それを入れて全部で185勝していますね。

小笠君の厩舎は、今年の3歳世代を全部で16頭預かっていますけど、勝ち上がったのは3頭のみで、重賞やオープンのレースを勝った馬はいませんので、きっと今は、「2歳世代をしっかり活躍させたい」と考えている筈ですから、トーセンオパールが強い内容で新馬戦を勝ったことを、喜んでいるでしょう。

そしてここからは、小島茂之厩舎がパラダイスSに使う、「ロードホースクラブ」の所属馬ロードクエストについて、私の頼もしい仲間の一人、「馬主のHさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「ロードホースクラブ」の代表取締役を務めている中村伊三美さんは、数年前まで「モエレ」の冠名で所有馬を走らせていた中村和夫オーナーのご子息ですわ。

また、伊三美さんは、2012年と2013年のスプリンターズSを連覇して、香港スプリントも連覇するなど、GIを6勝したロードカナロアや、2013年のアメリカJCCを制したダノンバラードや、2014年のクイーンSを制したキャトルフィーユなどを生産した、「ケイアイファーム」の取締役を務めていますわね。

「ロードホースクラブ」に於ける代表的な存在と言えば、ロードカナロアが真っ先に挙げられて、2013年の同クラブは、この馬の活躍などで、「重賞4勝を含む24勝・獲得賞金7億6767万円」という成績を残していましたわ。

でも、ロードカナロアは、2014年の1月に登録を抹消され、その後、「社台スタリオンステーション」で種牡馬入りしていまして、この影響は大きく、それからの4年間は、

2014年→16勝・獲得賞金3億3250万円
2015年→15勝・獲得賞金3億5145万円
2016年→19勝・獲得賞金4億2072万円
2017年→29勝・獲得賞金4億3746万円

と書けば分かる通り、2013年の賞金を4年続けて大きく下回っていましたので、今年は、同クラブの関係者全員が、「必ず巻き返したい」と考えているのでしょうね。

実際、先週までに、「13勝・獲得賞金2億8570万円」という成績を残していて、昨年の同じ時期(6月3週目まで)の「12勝・獲得賞金2億0016万円」を上回っていますが、「ロードホースクラブ」の関係者達は、この結果に決して満足することなく、これからも貪欲に勝利を追求してくる筈ですわ。

何故なら、同クラブは、「2017年募集馬」(現2歳世代)について、昨年の10月26日(木)に計33頭のラインナップを発表していて、それから出資を受け付けていますが、私が確認したところ、これらの内、満口となっているのは21頭で、残りの12頭は現在も出資を受け付けていますから。

したがって、現在、「ロードホースクラブ」の関係者達は、「残りの12頭を少しでも早く満口にするために、過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与えたい」と考えているのでしょうね。

そういった中、今日は、1着賞金2300万円(馬主の取り分は8割の1840万円)のパラダイスSにロードクエストを出走させますので、私がクラブの関係者でしたら、この馬を預けている小島茂之先生に、メイチの勝負仕上げを指示しますわ。

実際、調教師情報部の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「20日(水)、南ウッドに入れられて、5Fが69秒7、終いの1Fが13秒0という時計を馬なりで出していました。体を大きく使って走れていましたし、追い切った後の息の入りが早かったので、前走から3ヶ月振りのレースになりますけど、小島君がキッチリ仕上げてきたのでしょうね」

という内容でしたから、好レースが期待できると私は見ていますの。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「馬主のHさん」から届いた、小島茂之厩舎がパラダイスSに使う、ロードクエストについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
QRコード
QR
リンク