中京記念は、「リーディングジョッキー」の巻き返しに注目でしょうね

先週、「函館記念」の馬単11310円を5点で仕留めた
「元JRA調教師」の私が断言します!

今週の「中京記念」と「函館2歳S」も、
伏兵馬が激走して波乱決着に…

この全貌は、私がブ厚く勝負する
「ガチンコ買い目」で確認できます!

詳細はこちら(完全無料)
↓↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 140 縮小

今日は、早めにデビューできそうな2歳馬の中から、私が注目している1頭を紹介しておきましょう。

それは、尾関知人厩舎のオンナ馬・アニエラ(父ドバウィ、母ロイヤルハイネス)です。

この馬は、ビバリーDSというアメリカのG1を勝ったロイヤルハイネスがお母さんで、フランスで重賞を3勝したフリーポートラックスが半兄にいる血統なんですよ。

アニエラは、6月中旬に美浦トレセンに入厩して、7月5日(木)にゲート試験に受かっていて、12日(木)には、坂路に入れられて、4Fが54秒9、終いの1Fが12秒6という時計を出していました。

コンマ3秒先行していたドレサージュ(3歳未勝利)を追い掛けて、最後は同入していましたし、追い切った後も元気一杯でしたので、ここまで順調にきていると思いますね。

アニエラを管理している尾関君の厩舎は、2015年は35勝、一昨年も35勝を上げていたんですけど、去年の26勝しか上げられなかったんですよ。

ですから、今年の尾関君は、「必ず巻き返したい」と意気込んでいる筈なんですけど、先週までに、まだ12勝しか上げられませんので、今は、「もっとペースを上げないとマズイ」と考えているのでしょうね。

それに彼の厩舎は、今年の3歳世代を全部で26頭預かっているんですけど、勝ち上がったのは9頭で、2勝している馬が3頭しかいませんから、今の尾関君は、「その分、2歳世代でいい結果を残さなければ」と、気合いが入っている筈ですよ。

アニエラは、新潟開催でデビューする予定ですから、レースに向けて、彼がどう仕上げてくるのか注目したいと思っています。

そしてここからは、池江泰寿(やすとし)厩舎が中京記念に登録しているスマートオーディンについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のSさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

池江泰寿君は、2011年の2月に調教師を引退した池江泰郎(やすお)さんの息子で、泰郎さんは、三冠馬ディープインパクトや、ステイゴールドや、メジロマックイーンとかでGIを18勝もして、それを入れて重賞を70勝、通算で845勝っちゅう実績を残しとりますな。

泰寿君は、一浪して入った同志社大学の文学部を卒業してから、1993年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の10月からは、オークスを勝ったケイキロクや、阪神3歳牝馬S(現在の阪神ジュベナイルF)を勝ったヤマニンパラダイスとかを育てた浅見国一(くにいち)さんの厩舎で厩務員をやって、12月からは調教助手をやって、1994年の6月には、泰郎さんの厩舎に移っとりました。

ちなみに泰寿君は、1993年のコロネーションCを勝ったオペラハウス、1996年のジャパンCを勝ったシングスピール、2010年のイギリスダービーと凱旋門賞を勝ったワークフォースとか、強い馬を何頭も育てたイギリスのマイケル・スタウト厩舎と、エーピーインディ、フサイチペガサス、サンデーブレイクとか、日本の馬主さんの持ち馬を管理したことがある、アメリカのニール・ドライスデール厩舎で、1995年から2年くらい武者修行をしとったんですわ。

そんで、2004年に自分の厩舎を開業した泰寿君は、初めの年は4勝止まりやったけど、2005年は20勝しとって、2008年には51勝もして、初めて調教師リーディング1位になっとりましたな。

しかも、2011年の泰寿君は、オルフェーヴルで牡馬のクラシックを全部勝って、親父さんと同じ「三冠トレーナー」になっとるし、結局この年は、重賞の11勝を入れて全部で49勝を上げて、「23億8602万円」の賞金を稼いどったんですわ。

これは、2004年に藤沢和雄君が残しとった「23億1700万円」を上回る一番の記録で、これだけの成績を残せたんは、浅見さんや泰郎さんの厩舎や、海外の厩舎で勉強してきた、「馬の仕上げ方」を、自分の厩舎でしっかりと活かせとるからやろうな。

2012年の泰寿君は、「57勝・獲得賞金18億3620万円」の成績を残して、2回目のリーディング1位になっとりました。

けど、一昨年までの4年間は、

2013年→48勝・獲得賞金14億2626万円(リーディング4位)
2014年→49勝・獲得賞金14億5956万円(リーディング4位)
2015年→49勝・獲得賞金18億6961万円(リーディング2位)
2016年→45勝・獲得賞金17億4667万円(リーディング3位)

っちゅう成績で、リーディング1位を逃しとったんですわ。

せやから、去年の泰寿君は、「また1位になりたい」と考えとった筈で、実際、アルアインを使った皐月賞、サトノアラジンを使った安田記念、ペルシアンナイトを使ったマイルCSとか、重賞を10勝、全部で「63勝」を上げて、リーディング1位になっとったし、賞金も「18億4737万円」を稼いどったんや。

ただ、今年に入ってからは、先週までに「16勝・獲得賞金6億3892万円」(リーディング23位)っちゅう成績で、勝ち星は去年の4分の1くらいやし、賞金も去年の3分の1くらいなんやから、今の彼は、「早く巻き返さなアカン」と考えとる筈ですわ。

そんな中、今週は、1着賞金が3900万円の中京記念にスマートオーディンを登録してきましたんで、実際に彼がどう仕上げてくるんか、これからの動きを、最後の最後までキッチリ確認せなアカンやろ。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

池江泰寿厩舎が中京記念に登録しているスマートオーディンについて、「元調教師のSさん」から届いた報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク