FC2ブログ

必見!セプテンバーSの注目馬情報

明日の「神戸新聞杯」や「オールカマー」などで、
「どの馬を買えばいいのか分からない…」
とお悩みの方は必見!

私がブ厚く勝負する「ガチンコ買い目」を、
「完全無料」で公開します!

「元JRA調教師」の「結論」に注目してください!
詳しくはこちら。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、「パーフェクトホースマンズ」の「調教師情報部」に所属している山田要一です。

画像 242_R

藤沢和雄君は、今日、9月22日(土)が67歳の誕生日ですね。

知っている方もいると思いますが、藤沢和雄君の実家は、1978年の天皇賞・秋を勝ったテンメイや、2010年の共同通信杯を勝ったハンソデバンドで有名な、苫小牧市の樽前にある「藤沢武雄牧場」でして、彼は大学を出てから、お父さんの武雄さんの友達だった田中良熊さんがやっていた、登別にある「青藍牧場」の手伝いをしていた時に、「自分も競馬に関わる仕事をする」と決めたそうです。

それから藤沢君は、ニューマーケット(イギリス)のギャビン・プリチャード・ゴードン厩舎で、4年くらい厩務員をやって、日本に戻って来てからは、1977年から、菊池一雄厩舎(皐月賞とダービーを勝ったカツトップエースなどを管理)の調教助手をやって、1982年から、佐藤勝美厩舎(札幌記念を勝ったサンエイサンキューなどを管理)の調教助手をやっていましたね。

そして、1983年からは、3冠馬シンボリルドルフなどを育てた野平祐二厩舎で調教助手をやって経験を積んで、1987年に調教師の試験に受かって、次の年に自分の厩舎を開業しています。

ちなみに、彼が開業した1988年は、ブルーメルセデスがテレビ東京賞3歳牝馬S(今のフェアリーS)で2着に入ってくれて、リアルオージャもセイユウ記念で2着に入ってくれましたし、他の馬も頑張ってくれて、私の厩舎が23勝を上げた年でした。

調教師になってからの藤沢君の活躍は、皆さんもよく知っている通りで、タイキシャトルを使った1998年の安田記念とマイルCS、シンボリクリスエスを使った2002年と2003年の有馬記念、ダンスインザムードを使った2006年のヴィクトリアマイル、サトノアレスを使った一昨年の朝日杯FS、ソウルスターリングを使った去年のオークス、レイデオロを使った去年のダービーなど、今までに、GIの26勝を含めて重賞を107勝もしています。

それに、勝ち星そのものも多くて、開業してから先週までに、現役で1番多い「JRA通算1413勝」(歴代2位)という素晴らしい成績を残していて、2番目に勝ち星が多いのは、栗東の山内研二君の「842勝」ですから、どれだけたくさん勝っているのかがよく分かるでしょう。

そして、今週、藤沢君の厩舎は、

■22日(土)

阪神10R・夕月特別→ペイドメルヴェイユ

■23日(日)

阪神11R・神戸新聞杯→ゴーフォザサミット
中山11R・オールカマー→レイデオロ

と、全部で3頭を使いますので、きっと彼は、「勝って自分の誕生日を祝いたい」と思って、どの馬もキッチリ仕上げている筈ですから、この馬達がどんなレースを見せてくれるのか、注目したいですね。

ここからは、栗東の藤岡健一厩舎がセプテンバーSに使う、「ニットー商事株式会社」の持ち馬レーヴムーンについて、私の頼もしい仲間の一人、「馬主のNさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「ニットー商事株式会社」の代表は、2006年まで個人名義で馬を走らせていた、占部恵太(うらべ・けいた)オーナーですから、ここでは同社のことを「占部オーナー」と表記しておきます。

占部オーナーの本業は、福島県福島市に本社を構え、廃棄物処理事業を中心に、様々なビジネスを手掛けている、「日東産業株式会社」の代表取締役です。

同社は、1949年6月、ナタネの委託搾油を手掛けるために設立された「日東搾油所」が起源で、1953年10月には、「福島清掃社」という名称で清掃業を始め、1963年4月には「大口塵芥(じんかい)収集業」の認可を受け、東北地方で初めて、積載量が4トンのごみ収集車を導入しております。

そして、1963年の4月には浄化槽維持管理業に進出し、翌年の7月には「日東産業有限会社」に改組し、1968年12月、当初から手掛けていた搾油業務をやめ、清掃業と砕石業を業務の中心に据え、その後は、

1974年6月→産業廃棄物処理業を手掛ける「日東環境整備株式会社」を設立
1980年4月→福島県知事より「一般建築業」の認可を受ける
1984年3月→福島県知事より「産業廃棄物5種類の収集及び運搬」の認可を受ける
1984年8月→競走馬所有、自動車販売業、土木建築資材販売などを手掛ける「ニットー商事株式会社」を設立
1991年9月→一般・産業廃棄物の収集及び運搬を手掛ける「日東物流株式会社」を設立
1992年7月→福島県知事より「感染性産業廃棄物保管」の認可を受ける
1998年4月→福島市長より「排水設備工事業者」の指定を受ける
2009年6月→「日東産業有限会社」から「日東産業株式会社」に商号変更
2009年7月→持ち株会社の「日東産業ホールディングス株式会社」を設立
2012年2月→韓国に、管路補修や技術コンサルタント業務を手掛ける「新日東株式会社」を設立

といった形で、順調に活動範囲を拡大しておりますので、占部オーナーの経営手腕は誰もが認めている筈です。

なお、馬主としての占部オーナーは、確か2002年からJRAで所有馬を走らせ始め、これまでに40頭以上を所有しており、昨年までの3年間は、

2015年→0勝・獲得賞金295万円
2016年→3勝・獲得賞金3461万円
2017年→1勝・獲得賞金3693万円

という形で順調に獲得賞金を伸ばしておりました。

そして、今年に入ってから先週までは、「1勝・獲得賞金2438万円」という成績を残し、賞金は昨年の3分の2近くを獲得しておりますが、占部オーナーは、この状況に満足せず、今後も貪欲に勝利を追求してくと私は見ております。

何故なら、占部オーナーは、「競走馬セール」に参加する機会が多く、今年は、8月21日(火)~24日(金)に行われた「HBAサマーセール」に於いて、1頭を324万円(税込)で落札している上、これまでの状況を踏まえると、10月1日(月)~3日(水)に行われる「HBAオータムセール」にも参加する可能性が高いと判断できますので。

そういった中、本日は、1着賞金1820万円(馬主の取り分は8割の1456万円)のセプテンバーSにレーヴムーンを出走させますので、私が占部オーナーであれば、「落札資金を潤沢にしたい」と考え、この馬を預けている藤岡先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを指示するでしょう。

実際、元調教師の方から届いた最終追い切りに関する報告が、

「19日(水)、レースでも乗る藤岡康太君がCウッドで一杯に追って、6Fが82秒6、終いの1Fが12秒3っちゅう時計を出しとりました。キレのあるフットワークで走れとったし、追い切った後の息の入りも早かったんで、力を出し切れるデキに仕上がっとるんやろう」

という内容でしたから、好レースが期待できると私は考えております。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

藤岡健一厩舎がセプテンバーSに使う、「ニットー商事株式会社」の持ち馬レーヴムーンについて、「馬主のNさん」から届いた報告についての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク