あの馬主さんが注目するのは

こんにちは。山田要一です。

画像 096 縮小

昨日、私に「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」と思わせてくれた「ある馬主さん」と会う前に、松田博資君のところのレーヴディソールが追い切り後、右の前脚に故障を発症したと厩舎仲間から連絡がありました。

馬の故障というものは、どんなに注意をしていても起こってしまうものですし、こればかりは仕方ない点ですが、今回の故障は、屈腱炎ではなく骨折だそうですから、じっくりと直してもらって、またレースに復帰してもらいたいですね。

また、私が現役の時に、シリウスシチー、ニューバーンシチーなど多くの馬を預けてくれた優駿ホースクラブさんの所有馬で、ダートのレースで活躍したキョウトシチーが、余生を過ごしていた幾千世牧場で亡くなったそうです。

この幾千世牧場は、エスポワールシチーを生産した牧場で、私の厩舎にも幾千世牧場で生産された馬を預かっていました。

しみじみとした話が続いてしまいましたが、ここからは、週末のレースについての話に移らせていもらいますが、昨日は、「ある馬主さん」がこちらに来て、私の厩舎仲間たちと一緒に、食事をしながら、色々と話をさせてもらいました。

ankounabe2.jpg

昨日は、いつもよりも多くの馬について報告したので、ここで全てを書くことはできませんが、今日は、今週の重賞に出る馬の中で、人気を集めそうな馬の追い切りの様子を各レース1頭ずつピックアップして紹介しておきましょう。

大阪杯

エイシンフラッシュ
「今回は内田君が乗って、Cウッドで馬なりでの追い切り。パートナーを追いかける形で、脚を伸ばして加速しコンマ2秒ほど先着。年末の時と比べると、状態については格段に良くなっている印象を受けた。陣営も、デキについては自信を持っていることは間違いなさそうだ」

日経賞

ペルーサ
「坂路で3頭併せでの追い切り。全体で53秒4、ラスト13秒5と、全くの馬なりではあったが動きには躍動感があって、時計以上のスピードを感じた。先週には、横山君が乗ってビッシリと追われており、上々の仕上がりでレースに臨めると判断している」

ダービー卿チャレンジトロフィー

キングストリート
「四位君が乗って坂路での追い切り、一杯に追われて51秒4、ラスト1ハロン12秒2をマーク。先週も坂路で一杯に追われており、若干の太目の可能性も。ただ、追い切った後は、落ち着いた様子を見せており、状態はこの前の時と変わりはなく順調にきている」

中山牝馬ステークス

プロヴィナージュ
「坂路の馬なりで登ってから南ウッドへ。調教師が自らまたがって、併走馬を先行させて馬なりの内容。レースが延び延びとなっているが、馬のテンションは上がっておらず、デキはしっかりとキープできている。この後、輸送を控えているが、これなら無事にクリアできるだろう」

今、名前を挙げた4頭を始め、一通り、私からの報告を聞き終えた「ある馬主さん」は、今週の重賞の中でも、特に大阪杯に関心を持っていた様子で、

「先生からの話を聞いて、●●オーナーの狙いに確信が持てたよ。●●●●●●●●●は間違いなく勝負と考えて良さそうだね」

と話していました。

昨日の様子から、恐らく彼は、今週の大阪杯で、かなり大きく勝負をするのでしょうね。

なお、この●●オーナーの狙いについては、ここで詳しくは書きませんが、その件については、彼のブログの中で紹介されているそうなので、興味のある方は、そちらで確認してみるといいでしょう。

今日はここまでとさせてもらいますが、今週の重賞に出る馬の中で、追い切りの動きが良かった馬については、いつものように、各ランキング内で紹介しておきますから、興味のある方は、こちらも併せてご覧になってください。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

また、明日は、一般的には知られていないトレセン内での裏話や、土曜日に行われる日経賞と中山牝馬ステークスについての話を書かせてもらうつもりなので、ままた、ご覧になっていただければ思います。

それではまた。


スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク