注目しなければならない存在

こんにちは。山田要一です。

馬房にて

競馬会から、来月の16日、17日に、マレーシアのスンガイベシ競馬場で行なわれる「セランゴールターフクラブ国際騎手招待競走」に、田辺裕信君が出場すると発表がありました。

以前にも、何度か書かせてもらったことがありますが、海外のレースで乗ることは、とても貴重な経験になることは確かで、この機会を是非、有効に活かしてもらいたいと思います。

さて今日は、安田記念と鳴尾記念の続報として、仲間たちから「注目しなければならない存在」と報告のあった馬を紹介しておきましょう。

安田記念

【人気ブログランキング】

「山本英俊オーナーが、東京都渋谷区に本社を構え、パチンコ機器の企画開発や販売を主に手掛けており、現在は【モンスターハンター】のパチスロ台などが人気を集めている、【フィールズ株式会社】の代表取締役会長であることは、既に皆様がよくご存知の通りです」

「馬主としては、2004年にJRAの個人馬主資格を取得し、2005年から持ち馬を走らせており、これまで80頭近くをJRAで所有されていますが、その中の【稼ぎ頭】が、2010年の青葉賞など、既に4勝を挙げていて、2億6985万円の賞金を獲得している【人気ブログランキング】ですから、山本オーナーのこの馬に対する思い入れが非常に強いのは間違いありません」

「更に、先ほど書いた通り、山本オーナーはこれまでに80頭近くを所有されていますが、まだGIレースを勝てていませんので、【人気ブログランキング】に、初めてのタイトル獲得を大いに期待しているのも間違いないと判断できます」

「その【人気ブログランキング】は、2007年の【セレクトセール】に於いて、国際的な競走馬エージェントとして有名な多田信尊氏が1億円で落札し、その後、山本オーナーの所有馬となっております。また、【セレクトセール】ではありませんが、フェブラリーS2着などの実績を残した【競馬ブログランキング】も、2006年の【キーンランド・セプテンバーセール】に於いて、多田氏が95万ドル(当時のレートで約1億1千万円)で落札し、その後、山本オーナーの所有馬となっており、過去には他にも、同様のケースが非常に多くありました」

もちろん、今後も同じケースが多く見られるのでしょうから、私は現在の山本オーナーが、【馬を持つための資金を確保しておきたい】と考えて、その目的を果たすため、この馬を管理している【人気ブログランキング】先生に対して、メイチの勝負仕上げを依頼した可能性が十分にあると推測していたのですが、やはり私の見込みは正しかったようですね」


鳴尾記念

【FC2ブログランキング】

「この馬を所有する【競馬ブログランキング】オーナーは、毎年のように7月の【セレクトセール】で多くの馬を購入されている方で、この馬も2006年の【セレクトセール】にて4200万円で購入しています。また、オーナーは、昨年の同セールでも、4億1120万円の資金を投じて計13頭を購入されていることを踏まえると、現在のオーナーは、間違いなく【今年のセレクトセールで馬を買う資金を稼いでおきたい】という気持ちを強く抱かれているのでしょう。1着賞金が4000万円で、勝てば8割の3200万円が得られる鳴尾記念は、オーナーにとって【何が何でも勝ちたいレース】であることは間違いないでしょうね」

「昨日の追い切りの動きを見て、私は、オーナーサイドの方から【目イチに仕上げてレースに出して欲しい】という指示が出たのはまず違いないと確信できました」

「また、この馬を預かっている【FC2ブログランキング】君のところは、現在、全部で58頭を預かっていますが、その内、【競馬ブログランキング】オーナーの持ち馬が16頭となっているように、彼にとっては、欠かすことのできない馬主さんと言えるでしょうから、【ここで結果を残して、お世話になっているオーナーに良い報告をしたい】という思いで馬を仕上げてくると見ておくべきでしょう」


今日はここまでとさせてもらいますが、明日も、週末のレースに向けて私が買う馬券についての話を、できる限り詳しく書かせてもらいたいと思っていますので、またご覧になってもらえればと思います。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク