ここを勝ちたい理由とは…

こんばんは。山田要一です。

馬房にて

1989年の菊花賞を勝ったバンブービギンが、余生を送っていた北海道浦河町のバンブー牧場で老衰のため、26歳で亡くなったそうです。

この馬は、布施正さんが管理していた馬で、デビューしてからなかなか勝てず、4歳(現在の3歳)になってから、メキメキと力を付け、秋は神戸新聞杯で2着、京都新聞杯で1着の後、その勢いで菊花賞を勝ちました。

この馬のお父さんは、1982年のダービーを勝ったバンブーアトラスで、輸入種牡馬が全盛の時代だった中、内国産種牡馬として活躍していましたので、この馬も種牡馬として期待をされていたものの、主だった活躍馬が出せなかったことは、関係者にとっては心残りだったかもしれませんね。

さて、今日は、小倉記念の続報として、仲間から「ここでの巻き返しには注意が必要」と報告のあった1頭を紹介しておきましょう。

【人気ブログランキング】

この馬を所有する【FC2ブログランキング】は、「2012年度募集馬」の詳細を記したパンフレットを6月4日(月)に発送しており、全部で79頭の現1歳世代に対する出資を募集していますが、先ほど確認したところ、既に9割近い68頭が満口となっておりますが、「ヘルスウォールの2011」(牝・父ダイワメジャー)や「フローラルカーヴの2011」(父タニノギムレット、牡)など、残り11頭は、まだ満口に達しておらず、現在も募集中という状況です。

そのため、恐らく現在はクラブの関係者全員が、少しでも早く残りの募集馬を満口とするため、「直近のレースで、できる限り所属馬を活躍させたい」と思っていることでしょう。

また、更に今回は、「身内にして最大のライバル」と言える【競馬ブログランキング】への対抗意識が、【人気ブログランキング】を「勝負懸かり」とする可能性も、十分にあると私は見ています。

何しろ、【FC2ブログランキング】は昨年、【競馬ブログランキング】よりも13勝多い、「年間125勝」を記録したものの、重賞では、【競馬ブログランキング】が14勝を記録したのに対し、【FC2ブログランキング】は半分の7勝に留まってしまったことから、獲得賞金では4億円以上も少ない28億4651万円に留まってしまいました。

よって、私がクラブの関係者であれば、「今年は、勝利数と獲得賞金の両方で【競馬ブログランキング】を上回りたい」と考えますし、そのためには、賞金の高い重賞レースを勝つことが重要なのは言うまでもありません。

そこで、小倉記念に登録している【人気ブログランキング】に関しては、クラブの関係者からこの馬を管理している【人気ブログランキング】先生に対して、勝負仕上げの指示が出ている可能性が十分にあると思います。


今日は、ここまでしておきますが、また、明日からは、いつものように今週のレースに出る馬達の追い切りが行われます。

miho4.jpg

その様子については、仲間たちと連絡を取り合って確認した上で、明日以降、詳しく書かせていただくつもりなので、またお読みいただければと思っています。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク