FC2ブログ

ここ2週の結果を考えると…

こんばんは。山田要一です。

new one

ファルコンSを勝ち、先週のNHKマイルCでも2着に入った国枝栄君のところの、インパルスヒーローが左前脚の骨折を発症してしまったそうです。

この馬を安田記念に挑戦するプランも出ていましたから、厩舎のスタッフはさぞかしがっかりしたでしょうね。

ただ、全治には3ヶ月程度と、幸いにも症状は軽いそうですから、無理をせずじっくりと治してもらって、万全の状態でレースに復帰してもらいたいと思います。

さて、ここからは、今週のヴィクトリアマイルの続報として、馬主のSさん寄せられた【FC2ブログランキング】の見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

【FC2ブログランキング】の冠名で馬を走らせている【競馬ブログランキング】は、元々、玩具の製造や販売を手掛けており、取り扱っていた商品の中では、「Tゲージ」という極小サイズの鉄道模型が最も人気を博しておりましたが、2010年、「Tゲージ」の製造権利を中国の鉄道模型会社に売却しました。

この動きに至った理由を私は、「これまでよりも競馬に本腰を入れるため」と見ていましたが、実際に一昨年は、所有馬が過去最多の67勝を上げ、総額11億4350万円もの賞金を稼ぎ出したのですから、客観的に見て「方針転換は大成功」と言えるでしょう。

ただ昨年は、重賞3勝を含む53勝を上げ、10億5240万円の賞金を獲得したものの、一昨年と比べて、勝利数では14勝、獲得賞金では9千万円以上も下回った訳ですから、同社の関係者達は、この結果に決して満足していない筈です。

そのため、今年は【競馬ブログランキング】の関係者達が、「昨年の分をしっかり稼ぎたい」という考えで所有馬をレースに出走させている筈ですが、今年に入ってから先週までは、【人気ブログランキング】で制したシンザン記念とニュージーランドTの重賞2勝を含む15勝を上げているものの、獲得賞金は「3億6676万円」と、昨年の1月から5月1週までに獲得していた「3億5973万円」とほぼ同じ数字に留まっております。

また、同社は、北海道の浦河に生産拠点を、岡山県の真庭市に育成拠点を、それぞれ有するオーナーブリーダーでありながら、これまで毎年欠かさず国内外の競走馬セールで多くの馬を購入しており、4月22日(月)~25日(木)にアメリカのフロリダ州で行われた「OBSトレーニングセール」でも、「Trail of Cheersの2011」(牡・父Circular Quay)を30万ドル(当日のレートで約2940万円)で購入するなど、計6頭を総額107万5000ドル(約1億0535万円)で購入していました。

そこで、過去2週のレースに対しては、【競馬ブログランキング】の関係者達が、「セールの資金を回収したい」という思いで所有馬を出走させていた筈ですが、実際のところは、優勝賞金9200万円のNHKマイルCで、【人気ブログランキング】が7着に敗れるなど、「26戦0勝」という結果に終わっていますので、今週以降は全力で巻き返しを狙ってくるでしょう。

その上、昨年までの購入実績を踏まえると、同社は、7月8日(月)~9日(火)に行われる「セレクトセール」や、9月9日(月)~20日(金)に行われる「キーンランド・セプテンバーセール」など、今後のセールでも何頭かを購入する筈ですから、現在は、「購入資金を可能な限り多く稼いでおきたい」という思惑もある筈です。

そして今週は、優勝賞金9000万円のヴィクトリアマイルに【FC2ブログランキング】を登録してきましたので、私が同社の関係者でしたら、この馬を管理している【FC2ブログランキング】先生に対し、渾身の勝負仕上げを依頼します

・・・・・・・・・・・

今日はここまでとさせてもらいますが、明日は、土曜日のレースについての話を中心に書いていきますので、またお読みいただければと思っています。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】
スポンサーサイト



テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク