FC2ブログ

この馬には注意が必要でしょうね

こんばんは。山田要一です。

馬房にて

先月の末から開催がスタートした道営の門別競馬では、既に、2歳のレースが行われていますが、今年、産駒がデビューする新種牡馬で最初に勝ち上がったのは、現在、ダーレージャパンで繋養されているパイロとなりました。

この馬は、2006年のブリーダーズCジュベナイルで2着に入っているように、とてもスピードのある馬で、産駒の仕上がりも早そうですから、今後、どんどん勝ち上がってくる可能性は高そうですね。

さて今日は、オークスの続報として、栗東にいる調教師仲間から、「巻き返しの可能性は十分ある」と話の挙がった【FC2ブログランキング】についての見解を紹介しておきたいと思います。

・・・・・・・・・・・

この馬を管理しとる【競馬ブログランキング】君は、1978年の阪神4歳牝馬特別を勝ったサンエムジョオーや、1987年のCBC賞を勝ったセントシーザーなどを育てた秀雄さんの長男で、叔父には、乗り役時代には1966年の皐月賞をニホンピロエースで勝ち、調教師時代にも1986年の小倉記念を勝ったヤクモデザイヤーなどを育てた稔さんがいる競馬一家で生まれ育っとります。

せやから、彼が秀雄さんや、稔さん達と同じように、競馬の世界に入ったのは、彼にとってごく自然なことやったのでしょう。

【競馬ブログランキング】君は、1971年に中村広先生のところから騎手としてデビューし、サンエムジョオーの阪神牝馬特別や、アンバーライオンのシンザン記念や、サムソンビッグのきさらぎ賞の重賞3勝を含む292勝を上げ、調教師試験に合格した1995年の2月一杯で騎手を引退し、その次の年に厩舎を開業したんで、今年で18年目となりますな。

開業した最初の年に13勝を上げ、その後もコンスタントに勝ち星を積み重ね、2004年には厩舎最高の「25勝・収得賞金4億2256万円」を上げとって、昨年までに重賞を7つ勝っとります。

ただ、【競馬ブログランキング】君のところは、昨年、「13勝・収得賞金2億9312万円」と、2004年の時と比べると明らかに物足りない結果に終わってしまいました。

その大きな理由としては、重賞での勝ち星を上げられていないことが大きく影響しとって、2009年のアーリントンCを【競馬ブログランキング】で勝ってから、丸5年も重賞勝ちからご無沙汰となっとりましたからな。

それに昨年は、【FC2ブログランキング】で臨んだ昨年の阪神ジュベナイルFでは、ローブティサージュにクビ差及ばず、勝ち星を逃してしまった時は、相当悔しかったやろうし、その悔しさを晴らすかのように、この馬で臨んだチューリップ賞では強い競馬で、久々の重賞勝ちを飾っとります。

せやから、厩舎に久々の重賞をもたらしてくれたこの【FC2ブログランキング】に対しては、彼を含めた厩舎のスタッフ全員が、「厩舎の看板馬として更に活躍してもらいたい」っちゅう思いを抱いとった筈ですが、1番人気を集めたこの前の桜花賞では、4着に負けてしまった訳やから、今回のオークスで巻き返すために、全身全霊を注いで馬を仕上げてくることは間違いないでしょうな。

そのため、この馬の調教の内容については、いつも以上に念入りに確認しとったんですが、8日(水)の1週前追い切りでは、レースで乗る予定の【FC2ブログランキング】君が跨り、坂路に入れて、全体で52秒3、終い12秒7でまとめとった上、昨日も、坂路に入れて、全体で51秒4、終い13秒0の時計を出しとったように、しっかりと負荷を掛ける意欲的なもので、ここに向けて勝負を懸けてきたとワシは判断しとります。

また、皆さんもご存知の通り、この馬を持たれとる畑清介オーナーは、1998年のアーリントンCを勝った【人気ブログランキング】を持たれとった方で、この馬も彼のところに預けとりました。

しかも、彼は、この【人気ブログランキング】で初めて重賞を勝たせてもらった訳やから、当然、畑オーナーに対して強い恩義を感じとる筈やし、彼としては、「GIを勝って、オーナーに恩返しをしておきたい」っちゅう思いでレースに臨んでくると見とくべきでしょうな。

・・・・・・・・・・・

今日はここまでとさせてもらいますが、明日も、NHKマイルCについての話を中心に書いていきますので、またお読みいただければと思っています。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト



テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク