FC2ブログ

「そろそろ…」という思いは強い筈ですから

こんばんは。山田要一です。

馬房にて

今週の鳴尾記念に向けて、調整をしていた栗東の松田博資君のところのジョワドヴィーヴルが、追い切り中に左下腿骨開放骨折を発症してしまい、予後不良となってしまいました。

ご存知の通り、この馬は、GIを6つ勝ったブエナビスタの下で、一昨年の阪神ジュベナイルFを勝っています。

この前のヴィクトリアマイルでは4着に入り、復調を感じさせる走りを見せていましたからね。

競走馬としてはもちろん、それ以上に、繁殖としても期待も高かった筈ですから、関係者もガックリしている筈です。

さて、ここからは、今週の安田記念の続報として、馬主のSさん寄せられた【FC2ブログランキング】の見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

【競馬ブログランキング】の冠名で持ち馬を走らせている飯塚オーナーは、東京都大田区のJR京浜東北線・大森駅から歩いてすぐの場所に本社を構えている、「株式会社シンコー」の代表取締役です。

1941年に創業された同社は、輸送荷物の梱包といった物流事業を主に手掛けており、現在は、東京競馬場に近い「府中営業所」や、大井競馬場に近い「東京港営業所」、そして2640坪という広大な敷地を誇る本牧埠頭の「横浜事業所」など、全国10ヶ所に拠点を有し、現在、200名近くの社員を擁していますね。

また、上海市に4ヶ所、蘇州市にも1ヶ所の物流工場を設置と、中国に於いても同社は、日本企業の輸出入をサポートしており、私が聞いた話によれば、「日本国内と変わらないサービスを提供できる企業」として、物流業界に於いて「大いに注目されている存在」となっているそうで、当然、その経営者である飯塚オーナーは、「尊敬すべき人物」と言えるでしょう。

更に同社は、1994年、東京都港区の南麻布に「中華料理店・花椒庭」を出店しており、私が聞いた話によれば、お座敷や洋室などの個室を完備している同店では、中国式のしゃぶしゃぶ「火鍋」がとても好評だそうで、異なる業種でも手腕を発揮されている方でもあります。

そして、JRA馬主としての飯塚オーナーは、既に20年以上のキャリアを誇る大ベテランで、現在は新潟馬主協会の会長を務めており、過去の代表的な存在には、2004年の根岸Sを制した【人気ブログランキング】や、2007年の中山金杯と、2010年の中京記念を制した【人気ブログランキング】や、2011年のエプソムCと、毎日王冠を制した【FC2ブログランキング】などがいます。

ただ、これまで飯塚オーナーは、【人気ブログランキング】でシンガポールのGIを勝ってはいるものの、まだJRAのGIを勝てていないのですから、「そろそろJRAのGIを勝ちたい」と考えているのは間違いないと私は見ています。

また、飯塚オーナーは、毎年のようにセールで馬を購入されている方で、安田記念に登録している【FC2ブログランキング】も2007年の「セレクトセール」にて2500万円で購入した馬でして、ここ数年も、
2009年→セレクトセールで1頭を2200万円で購入
2010年→セレクトセールで1頭を950万円で購入
2011年→千葉サラブレッドセールで1頭を1020万円で購入
2012年→HBAサマーセールで1頭を610万円で購入
と、計4頭に総額4780万円の資金を投じています。

よって、今年も飯塚オーナーは、7月8日(月)~9日(火)の「セレクトセール」など、今後のセールで馬を購入される筈ですから、現在は、「できるだけ多くの購入資金を確保しておきたい」と考えているのは間違いないと私は判断しています。

そのため、1着賞金1億円(馬主の取り分である8割の8000万円)の安田記念に登録している【FC2ブログランキング】については、「初のGI勝ちを収めたい」という思いと、「セールの購入資金を稼いでおきたい」という2つの思いが込められている筈ですから、この馬を管理している【FC2ブログランキング】先生に対して、「メイチの勝負仕上げ」を指示している可能性は、極めて高いと判断するべきでしょうね。

・・・・・・・・・・・

今日はここまでとさせてもらいますが、明日も安田記念ついての話を中心に書いていきますので、またお読みいただければと思っています。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト



テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク