まだ「半分以下」という状況ですから

こんばんは。
元JRA調教師で、今は株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

画像 096 縮小

さて、土曜日の日経賞では、レース当日の朝に更新した記事の中で、

「【シルクホースクラブ】は、福島県福島市に本社を構え、電子機器の組み立てや加工などを手掛けている【月電工業株式会社】の関連会社でして、同社の代表取締役会長を務めている伊東純一氏は、【グラス】の冠名を使用している法人馬主・【半沢有限会社】の代表も務めています」

「よって、【シルク】と【グラス】の馬が同じレースに出走してくる場合は、【実質的に2頭出し】と考え、【どちらで勝負を懸けてくるのか】を慎重に検討する必要がありますが、日経賞に【グラス】の馬は登録していませんので、【今回は純粋にクラブとして勝負を懸けてきた】と判断できます」

「また、同クラブの過去の代表的な存在としては、1997年の有馬記念などを制したシルクジャスティスや、2000年のオークスを制したシルクプリマドンナなどが挙げられ、最近では、2012年の阪神ジュベナイルFを制したローブティサージュなどが挙げられます」

「そして、過去3年の同クラブは、
2011年→31勝・獲得賞金5億4229万円
2012年→40勝・獲得賞金7億9931万円
2013年→48勝・獲得賞金8億1700万円
と、昨年は、過去最多の勝利数を上げるなど、順調に成績を伸ばしているものの、それが出資者増加には繋がっていないと私は見ております」

「と言いますのも、同クラブでは、【現2歳世代の募集馬】について、昨年の9月17日(火)から出資の受け付けを開始し、10月2日(水)まで【第一次募集】、10月19日(土)に【第二次先行募集】、10月21日(月)から【通常募集】を行っており、募集開始から既に半年以上が経っているものの、私が確認したところ、全部で58頭いる募集馬の内、満口となっているのは21頭で、募集中止となった2頭を除く残りの35頭については、現在も出資を受け付けていますので」

「よって、現在、クラブの関係者達は、【まだ満口となっていない馬に対する出資を増やすため、目先のレースで過去の募集馬を活躍させたい】と考えている筈で、ラストインパクトを出走させる日経賞は、何としてでも勝っておきたいところでしょう」

という話を紹介したラストインパクトが3着に入り、私は3連複11320円の万馬券を5点で仕留めることができました。



また先週は、高松宮記念と名鉄杯の2戦は取りこぼしてしまったものの、

毎日杯では3連複6050円を5点で的中

六甲Sでは馬連2450円を5点で的中

という結果を残すことができ、十分な払戻金を手にすることができました。

ただ、高松宮記念では、私が軸にしたハクサンムーンがスタートで後手を踏んでしまったことが響き、不的中となってしまいましたので、次の桜花賞では、その借りをしっかりと返したいと思います。

さて、本日は、日曜日に中山で行われるダービー卿CTに出る予定の【FC2ブログランキング】について、馬主Tさんより寄せられた見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

【競馬ブログランキング】オーナーの本業は、JR津田沼駅(千葉県習志野市)のすぐ近くに本社ビルを構えている、「大和商事株式会社」の代表取締役会長です。

1948年、東京都渋谷区で創業された同社は、当初、千葉県船橋市の本町にあった「船橋ゲームセンター」や、習志野市の津田沼にあった「津田沼ゲームセンター」などの運営を手掛けておりましたが、1970年、習志野市の津田沼にパチンコホール「ニュー後楽園」を開店し、遊技場の運営を手掛けるようになり、1971年、現在の場所に拠点を移し、その後は順調に規模を拡大しており、現在では、3月20日(木)にリニューアルオープンした「ニュー後楽園JR千葉西口店」や、千葉市と船橋市にある「アスワン」など、千葉県内に計9店舗のパチンコホールを展開しております。

更に「大和商事」は、自社ビルの貸しテナント事業や、習志野市などに計4店舗ある「カフェ・シャローム」、千葉県内に2店舖ある「もつ焼き坊っちゃん」といった飲食事業や、自社ビル内に店舗を構えている書籍販売店「BOOKS昭和堂」など、様々な業種を手掛けており、いずれも「成功」と言える状況だそうですから、同社の会長であるオーナーは、「誰もが認める優秀な経営者」と言えるでしょう。

そしてJRA馬主としてのオーナーは、キャリアが25年以上に及んでいる大ベテランでして、【人気ブログランキング】で制した2006年と2007年のマイルCSや、【人気ブログランキング】で制した2008年の有馬記念など、これまでに「GIレース10勝を含む重賞38勝」という素晴らしい実績を残しておりますので、「本業だけではなく、馬主としても成功を収めている方」と言えます。

また、過去3年のオーナーは、
2011年→19勝・獲得賞金2億9695万円
2012年→17勝・獲得賞金3億5315万円
2013年→23勝・獲得賞金4億5794万円
と、順調に獲得賞金を伸ばしていますが、今年に入ってから先週までは、5勝を上げているものの、この5勝は全て平場のため、獲得賞金は6032万円と、1月から3月で1億1334万円の賞金を獲得していた昨年の数字と比べて、半分以下に留まっているのです。

そこで、恐らく現在のオーナーは、「今週以降のレースで巻き返しを図りたい」と考えている筈で、【FC2ブログランキング】を登録している1着賞金3800万円(馬主の取り分は8割の3040万円)のダービー卿CTは、「明らかに勝負懸り」と判断できます。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人である、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんの、ブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思い抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト

テーマ : 中央競馬(JRA)予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク