過去3年で7億円近く使っていますので

おはようございます。
元JRA調教師で、今は株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

yamada3

さて、イスラボニータ、トゥザワールド、トーセンスターダム、レッドリヴェール、ワンアンドオンリーなどが出てくるダービーについての「関係者情報」に関しては、これまでに紹介した記事や、「ホースマンサミット」のホームページ、

http://horseman-s.jp/

で、確認していただくこととして、本日は、東京メインの欅Sに出る【FC2ブログランキング】について馬主のOさんから寄せられた見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

窪田芳郎オーナーの本業は、「都営浅草線・馬込駅」(東京都大田区)のすぐ近くに本社を構え、電子部品製造機器の設計・製造・販売などを手掛けている、「株式会社東京ウェルズ」の代表取締役です。

1971年に設立された同社は、電子部品の製造設備を世界中のメーカーに供給しており、その中でも、高速測定テーピング機(TWA-6604)は、累計出荷台数1万台を超える実績を誇っており、電子部品メーカーの世界標準機として高く評価されております。

そして現在では、東京都大田区の本社に加えて、まず国内には、「沼津事業所」(静岡県)、「松本事業所」(長野県)、「朝来事業所」(兵庫県)、「蒲田事業所」(東京都)、「沼津テクニカルセンター」(静岡県)、「飯田研究所」(長野県)という6つの拠点を有している上、中国と台湾にも事業拠点を構えており、2013年3月期の売上高は122億円を計上しておりました。

また、窪田オーナーのご子息である窪田康志氏は、お父様と同じくJRAの馬主であり、「秋元康事務所」と共に「AKB48」の総合プロデュースを行っている「株式会社AKS」の代表取締役社長を務めており、「AKB48」は、今では「誰もが知る国民的アイドルグループ」となっておりますので、芳郎オーナーとご子息の康志オーナーは、「どちらも優秀な経営者」と言えるでしょう。

そして、芳郎オーナーがJRAで馬を走らせ始めたのは、確か2005年からでして、過去の代表的な存在としては、2007年のシリウスSを制した【人気ブログランキング】や、2008年のダービー卿CTと、2009年のキーンランドCで2着に入った【競馬ブログランキング】などが挙げられます。

また、芳郎オーナーは、毎年のように競走馬セールで馬を購入しており、過去3年だけでも、
2011年→「JRAブリーズアップセール」、「千葉サラブレッドセール」、「セレクトセール」で6頭を1億3230万円で購入
2012年→「JRAブリーズアップセール」、「セレクトセール」、「HBAオータムセール」で11頭を3億2250万円で購入
2013年→「セレクトセール」で4頭を2億1800万円で購入
と、計21頭に総額6億7280万円を使っております。

もちろん、今年も芳郎オーナーは、7月14日(月)~15日(火)に行われる「セレクトセール」など、これから行われるセールで何頭かを購入する筈で、きっと現在は、「所有馬で多くの賞金を稼ぎ、資金が潤沢な状態でセールを迎えたい」と考えていることでしょう。

そこで、私がオーナーであれば、【FC2ブログランキング】で1着賞金2000万円の欅S(馬主の取り分は8割の1600万円)を必ず勝ちたいと考え、この馬を預けている角田先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを指示します。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんの、ブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思い抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
リンク