セールが迫っている訳ですから

こんばんは。
元JRA調教師で、今は株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

new one

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

昨日で、春の東京開催が終わり、今週より夏の福島開催が始まります。

私の出身地でもある福島は、とても競馬熱が高く、競馬開催を楽しみにしている方が多いですから、この開催も初日から、多くのお客さんが詰め掛けることになりそうです。

現在は、インターネット投票などが整備され、どこにいても馬券を買えるようになっていますけど、やはり、競馬場で実際のレースを観戦する方が、楽しみは大きいですからね。

可能な方は、是非、競馬に足を運んでもらいたいと思います。

さて先週は、

大沼Sでの馬連11670円5点的中

夏至Sでの3連複2740円4点的中

三宮Sでの馬連4180円5点的中

STV杯での馬単1640円2点的中

という結果を残すことができましたが、パラダイスSと宝塚記念は取りこぼしてしまった点は悔やまれますし、今週からの開催では、今までよりもっといい結果を残せるように、全力で情報収集にあたって行きたいと思っています。

さて今日は、その福島で行われるラジオNIKKEI杯に登録しているショウナンワダチについて、馬主のTさんから寄せられた見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

山田先生もよくご存知の通り、国本哲秀オーナーの本業は、浅草駅(東京都台東区)のすぐ近くの「シナテック駒形ビル」に本社を構えている、「株式会社シナテック」の代表取締役社長です。

1969年に設立された同社は、「バンダイナムコ」、「セガサミー」といった大手玩具メーカーの商品開発や、「エイベックスグループ」、「ポニーキャニオン」などの音楽CDやDVDのジャケット印刷や、デンマークの有名企業・「LEGO社」と提携して展開している「レゴブロック・アンテナショップ」の運営などを主な業務としております。

近年は、「ワンピース」といった人気アニメ関連のグッズ制作が好評を博している上、他社と共同で展開している「ダチョウ倶楽部スマートフォンアプリ」の開発など、様々な事業を展開しておりますので、そのトップを務めている国本オーナーは、「業界を牽引している中心人物の一人」と言えるでしょう。

そして、国本オーナーがJRAで馬を走らせ始めたのは、確か1991年のことで、それから現在までに200頭以上を所有しており、過去の代表的な存在としては、2002年の高松宮記念とスワンS、2003年の阪急杯を制したショウナンカンプや、2004年の阪神JFを制したショウナンパントルや、2005年の新潟2歳Sを制したショウナンタキオンや、2008年の共同通信杯を制したショウナンアルバなどが挙げられ、現役の代表的な存在としては、2012年の産経大阪杯を制したショウナンマイティなどが挙げられます。

一昨年の国本オーナーは、ショウナンマイティで産経大阪杯を制するなど、3億3284万円の賞金を獲得していましたが、昨年は、重賞を勝てなかったことが響き、獲得賞金が3億1672万円と、前年を1500万円以上も下回る数字となっておりました。

そのため、今年を迎えるにあたって国本オーナーは、「何が何でも昨年以上の賞金を獲得したい」と考えていた筈で、実際、今年に入ってから先週までは、ショウナンアチーヴを出走させたニュージーランドT、ショウナンラグーンを出走させた青葉賞と、重賞を2勝しており、獲得賞金も、昨年のペースを大きく上回る2億5641万円としております。

しかし国本オーナーは、先週までの成績に満足せず、今週以降も貪欲に賞金の上積みを狙ってくる筈です。

何故なら、国本オーナーは、これまで多くの競走馬セールに参加しており、過去3年だけでも、
□2011年
「セレクトセール」→1頭を1700万円で購入
「HBAセレクションセール」→3頭を3260万円で購入
「HBAサマーセール」→4頭を2790万円で購入
「HBAオータムセール」→1頭を540万円で購入
□2012年
「セレクトセール」→2頭を3900万円で購入
「HBAセレクションセール」→2頭を3200万円で購入
「HBAサマーセール」→1頭を2500万円で購入
「HBAオータムセール」→4頭を2840万円で購入
□2013年
「セレクトセール」→2頭を5700万円で購入
「HBAセレクションセール」→2頭を2650万円で購入
「HBAサマーセール」→1頭を750万円で購入
「HBAオータムセール」→2頭を1320万円で購入
と、計25頭に総額3億1150万円を使っているのですから。

間違いなく今年も、7月14日(月)~15日(火)の「セレクトセール」や、7月22日(火)の「セレクションセール」など、これから行われるセールで多くの馬を購入する筈で、ほぼ確実に現在は、「セール資金を潤沢にするため、所有馬で多くの賞金を稼ぎたい」という思惑を抱いていることでしょう。

そして今週は、1着賞金3700万円(馬主の取り分は8割の2960万円)のラジオNIKKEI賞にショウナンワダチを登録してきましたので、「勝負懸かり」の可能性が高いと私は判断しております。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんの、ブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思い抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

あと、今回は小栗さんの持ち馬が勝った時の動画もご紹介しておきましょう。

誰もが「名手」と認めた彼の手綱捌きは、今の乗り役達にも是非参考にしてもらいたいと思いますね。



今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク