FC2ブログ

今日はこの馬に注目

おはようございます。
元JRA調教師で、今は株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

画像 242_R

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

さて、本日の新潟2歳SとキーンランドCについての「関係者情報」に関しては、これまでに紹介した記事や、「ホースマンサミット」のホームページ、

http://horseman-s.jp/

で、確認していただくこととして、本日は、小倉メインの小倉日経オープンに出る【FC2ブログランキング】について馬主のHさんから寄せられた見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

森中蕃(しげる)オーナーは、2010年まで、「光証券株式会社」の代表取締役会長を務めていましたわね。

JR三宮駅(兵庫県神戸市)のすぐ近くに本社を構えている「光証券」は、1948年に創業されていて、1952年に入社した森中オーナーは、1982年に取締役社長となり、その年に資本金を2億円へと増資していますわ。

その後は、1993年に証券会計システムの「彦左衛門」を導入し、2000年に営業支援システムの「トレードガード」を導入し、更に代表取締役会長に就任した3年後の2006年には、投資一任口座・「半兵衛」の運用を開始するなど、次々に新しい試みを行ってきた森中オーナーは、「光証券」にとって、「発展の立役者」と言えますわね。

そして現在は、オーナーのご子息である森中寛氏が同社の社長を務めていて、先ほど書いた通り、森中オーナーは、2010年に会長を退任していますが、それからは、明らかに以前よりも競馬熱を高めていますわ。

と言いますのも、JRAの馬主歴が30年以上に及んでいる森中オーナーは、2009年までは、概ね年間10勝前後の成績でしたが、会長職を退任してからは、
2010年→23勝・獲得賞金3億6899万円
2011年→28勝・獲得賞金4億0807万円
2012年→24勝・獲得賞金4億8874万円
2013年→24勝・獲得賞金5億0976万円
と、以前よりも成績を伸ばしていますからね。

ただ、今年に入ってから先週までの森中オーナーは、「10勝・獲得賞金2億2059万円」と、もう8月が終わろうとしているにも関わらず、昨年の半分にも届いていないため、この数字に森中オーナーは、物足りなさを感じている筈ですから、今週以降は、賞金の高い特別レースを全力で勝ちにくると私は見ていますの。

また、森中オーナーと言えば、毎年のように積極的にセールで馬を購入していて、今週の月曜日から木曜日に行われた今年の「HBAサマーセール」でも、総額7850万円を投じて計23頭を購入していましたわね。

ですから、今の森中オーナーは、「セールで使った資金を少しでも早く回収したい」とも考えているでしょうし、明日は、1着賞金2200万円(馬主の取り分は8割の1760万円)の小倉日経オープンに【FC2ブログランキング】を出走させますので、きっと森中オーナーは、「何が何でも勝たせたい」とお考えになって、この馬を預けている【人気ブログランキング】先生に対して、メイチの勝負仕上げをお願いしている筈ですわ。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんの、ブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思い抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

あと、今回は小栗さんの持ち馬が勝った時の動画もご紹介しておきましょう。

誰もが「名手」と認めた彼の手綱捌きは、今の乗り役達にも是非参考にしてもらいたいですね。



今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク