勝ち鞍の数が物足りなかった分も

こんにちは。
元JRA調教師で、今はホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

new one

競馬ファンの皆さんに、調教師として経験を踏まえた話を書かせてもらおうと考えて始めたこのブログですが、来年も、このブログの中で、皆さんのお役に立てる話をできる限り詳しく書いていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いします。

さて、今年最後の更新となる本日は、中山金杯にラブイズブーシェとサトノシュレンを登録している村山明君の厩舎について、「元調教師のHさん」から寄せられた見解を紹介しておきたいと思います。

・・・・・・・・・・・

東京都の東村山市出身の村山明君は、1987年に競馬学校の騎手課程に入って、京都新聞杯を勝ったトーヨーチカラなどを育てた斉藤義美さんのところから、1990年に乗り役としてデビューしたんですわ。

彼は競馬学校の第6期生で、同期には、江田照男君、北沢伸也君、浜野谷憲尚君、牧田和弥君などがいますな。

そんでもって、1996年に村山君は、ジャパンCを勝ったマーベラスクラウンや、宝塚記念を勝ったマーベラスサンデーなどを育てた大沢真さんのところの所属となったんやけど、大沢さんの引退と同時に、一度はフリーとなって、その後は、松田国英君のところや、松元省一君のところに所属しとりました。

ほんで、角居勝彦君のところにおった2007年の2月に、乗り役を引退して、そのまま角居君のところの助手となって腕を磨いとりましたな。

ちなみに乗り役の時の村山君は、キンセンアラシに乗った1994年の中京障害S・秋と、サンフォードシチーに乗った2000年の武蔵野Sという2つの重賞を含めて、通算で218勝っちゅう成績を残しとりました。

そして、2008年に調教師の免許を取った村山君は、その年の9月に厩舎を開業したんやけど、最初の年は、開業が遅かったこともあって、「4勝・獲得賞金6234万円」っちゅう数字止まりやったんですわ。

せやけど、2年目は「19勝・獲得賞金3億9288万円」、3年目が「25勝・獲得賞金4億7925万円」、そして2013年は、開業してから一番ええ「31勝・獲得賞金5億1851万円」と、少しずつ数字を伸ばしとりますし、テスタマッタで勝った2012年のフェブラリーS、ホッコーパドゥシャで勝った2009年の新潟記念、コパノリッキーで勝った2013年の兵庫CSなど、昨年までに、JRAと地方交流を合わせて全部で重賞を10勝しとります。

このようなええ成績を残せとるのは、騎手時代に松田国英君のところで、タニノギムレットやキングカメハメハやクロフネなどに調教を付けた経験や、助手時代に角居君のところで、ウオッカやデルタブルースやトールポピーなどに調教を付けた経験や、2006年のブリーダーズCクラシックを勝ったインヴァソールのキアラン・マクローリン厩舎をはじめ、アメリカやオーストラリアの厩舎に研修へ行って、実際に走る馬を間近で見続けてきた経験を、よく活かせとるからなんでしょうな。

ただ、2013年に開業してから一番の数字を残したからと言って、次の年に成績が下回ってしまうと、「前回はたまたま」と言われてしまう世界やから、今後、厩舎をもっとええ状態にするためには、2014年の結果が大事やし、実際、2014年の彼のところは、コパノリッキーでフェブラリーSを勝つなど、「7億5691万円」っちゅう賞金を獲得しとって、2013年の数字を2億円以上も上回っとりますんで、きっと、この数字には村山君も満足をしとるでしょう。

せやけど、勝ち星は、「27勝」で全国リーディングが29位と、2013年の「31勝で13位」から大きく順位を落としとりますんで、「2015年はもっと勝ち星を上げたい」と思っとる筈なんですわ。

せやから、ワシが村山君の立場やったら、「年始からしっかり勝っておきたい」と思って、気を引き締めて、管理馬をキッチリ仕上げるでしょうな。

でもって、村山君は、1月4日(日)にある、中山金杯にラブイズブーシェとサトノシュレン(万葉Sにも登録)の2頭を登録しとりますんで、「彼が気合いを入れて勝ちにきた」と判断するべきやと思います。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思いを抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

また、小栗さんの持ち馬・アルザスが1993年6月5日(土)に勝った時の動画もご紹介しておきましょう。



このレースでアルザスには、横山典弘君が乗っていましたね。

抜群のスタートでハナを切ると、危なげないレース運びでそのまま逃げ切るという、彼の手綱捌きが光った一戦でした。

今日は、ここまでとしておきますが、皆さん、良いお年をお迎えください。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク