FC2ブログ

思い通りにいかなかったドバイの分まで

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

techaer_yamada130315.jpg

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

阪神大賞典を勝ったゴールドシップについて、この馬を管理している須貝君は、

「阪神大賞典の反動があるため、天皇賞・春には出走せずに、宝塚記念を目指すローテーションが濃厚」

と発表しましたね。

阪神大賞典から宝塚記念へ直行すると、レース間隔がおよそ3ヶ月もありますので、鳴尾記念に使うプランも考えているそうです。

この選択には、去年、一昨年と連覇している宝塚記念で、「ゴールドシップに6つ目のGIを勝たせたい」という、須貝君の思いが込められているのでしょう。

ゴールドシップの動向には、今後も注目したいところです。

そして今回は、産経大阪杯にエアソミュールとラキシスを、ダービー卿CTにエキストラエンドを登録している、角居勝彦君の厩舎について、私の頼もしい仲間の一人の「元調教師のIさん」から届いた報告内容を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

角居君は、高校を出てから北海道の新ひだか町にあるグランド牧場で働き始めて、1986年に競馬学校の厩務員課程を出た後、ナリタハヤブサや、キョウトシチーや、ファイトガリバーなどを育てた中尾謙太郎さんのところで厩務員として、クロフネや、フサイチエアデールや、ブロードアピールなどを育てた松田国英君のところで助手として経験を積み、2000年に調教師の試験に受かって、2001年に厩舎を開業しとります。

最初の年に19勝を上げた角居君は、2002年に、ブルーイレヴンを使った東京スポーツ杯2歳Sで初めて重賞を勝って、2004年には、デルタブルースを使った菊花賞で初めてGIを勝って、その後も、シーザリオを使ったオークスや、ハットトリックを使ったマイルCSや、カネヒキリを使ったジャパンCダートとフェブラリーSや、ウオッカを使ったダービーや、ヴィクトワールピサを使ったドバイワールドCなど、大きいところで結果を残しとるのは、皆さんもよう知っとる筈ですわ。

あと、これも皆さんがよう知っとると思いますけど、彼のところは、一昨年まで、
2011年→59勝・11億9516万円の賞金を獲得
2012年→57勝・12億5955万円の賞金を獲得
2013年→56勝・17億5847万円の賞金を獲得
っちゅう数字を残し、3年連続で「調教師リーディングで1位」になっとりました。

特に2013年は、デニムアンドルビーを使ったフローラSとローズSや、エピファネイアを使った神戸新聞杯と菊花賞など、重賞を6勝して、今までで一番多い賞金を稼いだんやから、彼にとって、「大満足の一年」やった筈ですな。

そんでもって、去年の角居君は、メイショウブシドウを使った小倉サマージャンプを勝って、史上4人目で、現役では3人目となる「JRA全10場重賞制覇」を達成しとるし、ラキシスを使ったエリザベス女王杯や、エピファネイアを使ったジャパンCなど、11回も重賞を勝って、「51勝・獲得賞金17億0937万円」っちゅう成績を残しました。

せやけど、去年の調教師リーディングでは、54勝で1位やった矢作芳人君のところと、53勝で2位やった藤沢和雄君のところに次ぐ、3位っちゅう結果に終わっとりますから、今年を迎えるにあたって角居君は「必ず1位の座を取り戻す」と考えとった筈です。

で、角居君のところは、今年に入ってから先週までに、8勝を上げとって、調教師リーディングの順位は26位と、これまでの彼の実績を考えると、出遅れたと言える状況やから、今は、「早く巻き返したい」と焦りを感じとるでしょう。

そんでもって、皆さんも知っての通り、角居君のところは、「稼ぎ頭」のエピファネイアを使った先週の「ドバイワールドC」で9着っちゅう結果に終わっとりますんで、「その分を他の馬で稼いでおきたい」とも考えとる筈なんで、1着賞金6500万円の産経大阪杯にエアソミュールとラキシス、3800万円のダービー卿CTにエキストラエンドを登録しとる今週は、勝ち星と賞金の上乗せを狙って、どの馬もメイチに仕上げてくると見ておくべきですな。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思いを抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

あと、今回は、小栗さんの持ち馬・アルザスが1993年6月5日(土)に東京で行われたレースで、2勝目を上げた時の動画もご紹介しておきましょう。

横山典弘君が騎乗したこのレースでは、ゴール前で手綱を緩める余裕を見せながらも、2着に2馬身差を付けて勝っています。

是非、彼の手綱捌きをじっくりとご覧ください。



今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト



プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク