1月の勢いを取り戻すためにも

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

new one

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

昨日、高知競馬場で、今回で6回目となる福永洋一記念が行われました。

それに併せて、今回は、JRAと地方と高知のジョッキーによる対抗戦、洋一カップが行われ、JRAからは、福永祐一君に加え、横山典弘君、蛯名正義君、藤田伸二君が参加しました。

JRAのトップジョッキーが参加するということもあって、入場人員はこれまでで最高となる1717名を記録したそうです。

JRA、地方を問わず、現状、馬券売り上げが伸び悩んでいる訳ですから、今回のような、競馬ファンにとって魅力のあるイベントが、その他の競馬場でも実施されることを期待したいですね。

さて今日は、青葉賞にヴェラヴァルスターを使ってくる木村哲也君の厩舎について、私自身の見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

木村君は2000年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の12月に佐藤征さん(1980年の中山記念を勝ったヨシノスキーや、1985年のクイーンSを勝ったアサクサスケールなどを管理)のところの厩務員になって、次の年の5月からは高橋裕君の調教助手となりました。

その後は、勢司和浩君のところや、中川公成のところで腕を磨いて、2011年に調教師の試験に受かって、その年の6月に厩舎を開業しています。

この年は、「6勝・獲得賞金5941万円」という成績でしたが、その後は、
2012年→9勝・獲得賞金1億6274万円
2013年→16勝・獲得賞金2億0122万円
2014年→14勝・獲得賞金2億2627万円
と、着実に実績を積み重ねていますね。
また、今年に入ってからの木村君の厩舎は、1月だけで7勝(獲得賞金6081万円)を上げて、一時は、調教師リーディングの首位に立っていたように、素晴らしいスタートを切れていまして、先週までで、「11勝・獲得賞金1億4053万円」という、これまでで一番いいペースで勝ち星と賞金を積み重ねていますし、アルビアーノを使ったフラワーCでは、初めて重賞を勝てていますが、きっと木村君は現状に満足していない筈です。

と言うのも、彼の厩舎は、
2月→2勝・獲得賞金2074万円
3月→2勝・獲得賞金5207万円
と、大きくペースが落ちていて、4月に至っては1つも勝てず、賞金も692万円しか稼げていませんので、きっと今の木村君は、「1月の勢いを取り戻したい」と考えている筈ですから。

また、アルビアーノが勝ったフラワーCから、連敗が「17」に伸びていますので、私が彼の立場でしたら「連敗を止めたて、賞金を稼ぎたい」と考えるでしょう。

ただ、彼に初めて重賞を勝たせてくれたアルビアーノは、フラワーCの後、リフレッシュ放牧に出され、4月23日(木)に厩舎に戻っていますが、復帰は来週のNHKマイルCとなっていますので、私が彼の立場でしたら、「他の馬に稼いで欲しい」と考えるでしょう。

そのため、彼が1着賞金5200万円の青葉賞に使うヴェラヴァルスターをどのように仕上げてくるのか注目していたのですが、昨日の最終追い切りは、南ウッドで、全体が68秒3、終い12秒7でまとめていました。
コンマ3秒ほど先に行かせたトーセンスパンキー(3歳500万下)を追い掛ける形の調教で、最後はコンマ1秒ほど遅れてしまいましたが、それほど稽古駆けするタイプではないので、時計は目立つものではありませんでしたが、それでも脚捌きは、状態がいい馬ならではの軽快なものでしたね。

今回は3ヶ月振りのレースとなりますけど、この仕上がりであれば力を出せると思いますし、上位に食い込んでくる可能性は十分にありそうです。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんの、ブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。



小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思い抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク