今年のセールに向けて、間違いなく

おはようございます。
元JRA調教師で、今は株式会社ホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

yamada3

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

さて本日は、目黒記念に出てくるアドマイヤスピカについて、「馬主のNさん」から届いた報告した見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

「アドマイヤ」の冠名で持ち馬を走らせている近藤利一オーナーの本業は、大阪市北区を拠点に建築解体業などを行っている「合建株式会社」の代表取締役会長です。

建築解体事業を主に手掛けている「合建株式会社」は、本業の他にも、2010年の3月9日(火)に行われた「大相撲春場所前夜祭・力士とファン交歓会」に、大阪市を通じて近隣の高齢者600名を招待するなど、地域貢献活動を積極的に行っており、近藤オーナー自身、元大関・小錦の後援会長を務めていた上、元横綱・朝青龍に対する様々なサポート活動も行っておりました。

そして、これらの活動が評価され、日本相撲協会から、入場料を払わずに本場所を観戦できる「木戸御免証」を贈呈されているそうですから、「相撲界の発展に大きく貢献している人物」と言えるでしょう。

なお、近藤オーナーがJRAの個人馬主となったのは、確か1984年のことでして、それから現在までに300頭以上を所有しており、過去の代表的な存在としては、1998年の朝日杯3歳S(現在の朝日杯FS)と2002年の安田記念を制したアドマイヤコジーンや、1999年のダービーを制したアドマイヤベガや、2001年の朝日杯FSと2004年のフェブラリーSを制したアドマイヤドンや、2003年と2004年のエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴや、2008年の天皇賞・春を制したアドマイヤジュピタなどが挙げられ、これらの馬達の活躍により、「GIレース10勝を含む重賞54勝」という素晴らしい成績を残しています。

また、近藤オーナーは、これまでに、「阪神馬主協会の会長」、「日本馬主協会連合会の労務預託委員長」、「日本中央競馬会運営審議会委員」といった要職を務めている上、現在は、阪神馬主協会の「名誉会長理事」となっていますので、「誰もが認める大物馬主」と言えるでしょう。

一昨年の近藤オーナーは、アドマイヤラクティで制したダイヤモンドSや、アドマイヤロイヤルで制したプロキオンSなど、重賞2勝を含む40勝を上げ、「9億1013万円」の賞金を獲得していましたが、昨年は、勝利数こそ前年を上回る45勝を上げたものの、獲得賞金は、1億5千万円近く下回る「7億6855万円」という数字に留まっておりました。

よって、今年の近藤オーナーは、「最低でも昨年以上の数字を残したい」と考えている筈ですが、先週までの時点で、アドマイヤデウスで日経新春杯と日経賞を勝っているものの、「10勝・獲得賞金3億0890万円」という、昨年を下回るペースに留まっているのですから、この数字にオーナーが満足していないのは間違いありません。

また、近藤オーナーは、これまで毎年欠かさず「セレクトセール」で良血馬を購入しており、昨年の7月14日(月)~15日(火)に行われた同セールでも、
「アゼリの2014」(牡・父ディープインパクト)を2億5000万円で購入
「レディスキッパーの2014」(牝・父ハーツクライ)を4100万円で購入
「ペルヴィアンリリーの2013」(牡・父ハーツクライ)を3700万円で購入
など、計14頭を総額5億5685万円で購入しておりました。

もちろん、今年も近藤オーナーは、7月13日(月)~14日(火)に行われる同セールで、昨年までと同様、多くの資金を使う筈ですから、間違いなく現在は、「セール資金を潤沢にするため、所有馬で多くの賞金を稼いでおきたい」と強く願っていることでしょう。

そして実際に今週は、1着賞金5500万円(馬主の取り分は8割の4400万円)の目黒記念にアドマイヤスピカなど、賞金の高い特別レースに所有馬を出走させてきますので、私は近藤オーナーが、それぞれを預けている厩舎に対して、メイチの勝負仕上げを指示している可能性が高いと判断しております。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思いを抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

また、小栗さんの持ち馬・オグリンラスカルが1991年9月14日(土)に勝った時の動画もご紹介しておきましょう。



この一戦では、3月から調教師になった中舘英二君が乗っていましたね。

中舘君には、いい馬を育てて欲しいものです。

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク