「まずは、中山金杯」と思っているでしょうね

こんばんは。
元JRA調教師で、今はホースマンサミットで調教師情報部の副部長を務めている山田要一です。

new one

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

※写真

競馬ファンの皆さんに、調教師として経験を踏まえた話を書かせてもらおうと考えて始めたこのブログ。

来年も、このブログの中で、皆さんの役に立てる話をできる限り詳しく書いていきたいと思っていますので、今後も、是非見てくださいね。

さて、今年最後の更新となる今日は、中山金杯にスピリッツミノルを登録している本田優君について、栗東で記者をしている「E君」から届いた報告内容を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

山田先生もよく知っとる通り、本田優先生は、1980年に、星川薫先生の厩舎から乗り役としてデビューしとりました。

星川先生は、1994年のフェブラリーSを勝ったチアズアトムや、1995年のシンザン記念を勝ったメイショウテゾロなどを管理しとったことでお馴染みですな。

乗り役やった頃の本田先生は、デビュー2年目やった1981年には、ロビンソンシチーに乗った京都記念・春で初めて重賞を勝っとりましたし、1986年には、ゴールドシチーに乗った阪神3歳Sで初めてGIを勝っとりました。
で、それからも、リキアイノーザンに乗った1989年の中山牝馬Sや、レインボークイーンに乗った1996年のクイーンSや、テイエムオーシャンに乗った2001年の桜花賞と秋華賞や、カワカミプリンセスに乗った2006年のオークスと秋華賞とか、6つのGIを入れて重賞を27勝しとりますし、全部で757勝っちゅう成績を残しとります。

そんで、調教師の試験に受かった2007年に乗り役を引退して、その年の3月に厩舎を開業すると、最初の年こそ4勝止まりやったけど、次の年には、バトルブレーヴを使った小倉サマージャンプで初めて重賞を勝つなど、一気に勝ち星を伸ばして、「16勝・獲得賞金2億8218万円」っちゅう成績を残しとって、その後も順調に勝ち星を積み重ねとりましたし、2012年には、「35勝・獲得賞金5億9609万円」っちゅう、開業してから一番ええ成績を残しとりました。

せやけど、次の年は、「18勝・獲得賞金3億6011万円」と、大きく成績が下がっとったんで、2014年の本田先生は、巻き返しに全力を注いどったんやろうし、実際、「27勝・獲得賞金3億9378万円」と、大きく数字を戻せたんで、先生は満足しとったでしょうな。

ただ、2012年と比べると、勝ち星は8つ、賞金は2億円ほど少ないものやったんで、2015年の本田先生は、「2012年の数字を超えられるよう、賞金の高い重賞をたくさん勝ちたい」と思っとった筈です。

せやけど、2015年は、「28勝・獲得賞金4億1883万円」と、2014年の成績は何とか上回ったものの、2012年の数字は大きく下回っとりましたんで、2016年は、「必ず今までで一番の成績を残す」っちゅう考えで、年明けから全力で勝ちにくるとワシは見とります。

せやから、1着賞金4100万円の中山金杯に登録しとるスピリッツミノルは、本田先生がレースに向けてどう仕上げてくるんか、念入りに確認せなアカンでしょうな。

・・・・・・・・・・・

なお、私の頼もしい仲間の一人で、今は、ホースマンサミットで馬主情報部の副部長をしている、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログでは、とても中身の濃い情報を公開しています。

小栗さんは、私が調教師だった頃に、「馬を走らせる側よりも、馬券を買う立場になってみたい」という思いを抱くきっかけを作ってくれた人。

小栗さんのブログで公開されている内容は、間違いなく馬券の参考になる筈ですから、こまめに確認することをお勧めしておきます。

【 元JRA馬主・小栗範恭(おぐりのりやす)さんのブログ 】

また、小栗さんの持ち馬・オグリンダイカンが1992年4月4日(土)の千葉日報杯を勝った時の動画もご紹介しておきましょう。



このレースでは、故・水流添(つるぞえ)久君が乗っていましたね。

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。


スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク