エリザベス女王杯に懸ける栗東N厩舎の勝負気配

こんばんは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

馬房にて

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

鹿戸雄一厩舎のビッシュは、27日(日)に東京競馬場でやるジャパンCに挑戦することが決まりました。

1番人気を集めた前走の秋華賞では、直線でいつものような伸びを欠いていまい10着に負けてしまいましたが、初めての輸送に馬が戸惑ってしまったのかもしれませんね。

レースでまともに走っていなかったため、ダメージはほとんどなかったようで、鹿戸君は、「今のビッシュは体調がいいし、ジャパンCは3歳のオンナ馬が好走している時もあるからね」と話していました。

確かに、3歳のオンナ馬は、ジャパンCに53キロで出られますし、最近でも、

2009年→レッドディザイアが3着

2012年→ジェンティルドンナが1着

2013年→デニムアンドルビーが2着

といいレースをしています。

果たして、ジャパンCでの巻き返しに向けて、鹿戸君がビッシュをどう仕上げてくるのか、彼の腕の見せ所ですね。

ちなみにヤネは、先週、JRA通算1500勝を達成した幸英明君になるそうです。

さてここからは、栗東の中内田充正厩舎がエリザベス女王杯に登録しているパールコードについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のYさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

中内田充正君の実家は、栗東トレセンから車で50分くらいのところにある「信楽牧場」ですな。

彼の親父さんは、牧場の代表をやっとる中内田克二さんで、「競走馬育成協会」の理事もやっとります。

「信楽牧場」は、関西で一番古い育成牧場で、その他に運営しとる「ヒルサイドステーブル」は、同じ施設を使えるよう、「ノーザンファームしがらき」(滋賀県甲賀市)の中に馬房を置いとりますな。

中内田君は、高校生やった頃、アイルランドにホームステイして、その時、ヨーロッパの大学には競馬のことを教えてくれる学科があるっちゅうことを知って、向こうの高校に留学しとるんですわ。

それから、イギリスのウエストオックスフォード大学の馬学科に入って、生産や調教など馬のことを学んで、卒業してからは、アメリカのロバート・フランケル厩舎で働いとりましたな。

その頃のフランケル厩舎には、2003年のベルモントSを勝ったエンパイアメーカーとか、走る馬がぎょうさんおって、中内田君はその調教に乗っとったそうや。

日本に戻ってからは、2007年に競馬学校の厩務員課程を出て、2012年に調教師の試験に受かるまで、ずっと橋田満君の厩舎で調教助手をやっとりましたな。

試験に受かった後、2014年に厩舎を開業するまで時間がありましたんで、中内田君はその間に、技術調教師として、藤原英昭君や角居勝彦君に、馬のことはもちろん、厩舎をどうやって運営したらエエんかなども教わっとったんですわ。

そんで、初めの年は「7勝」やったけど、去年は、「25勝・獲得賞金2億9681万円」と一気に数字を伸ばしとるし、今年は、ヴゼットジョリーを使った新潟2歳Sで初めて重賞を勝って、先週までに「28勝・獲得賞金4億3055万円」と、もう去年の数字を上回っとりますんで、海外での経験や、橋田君や藤原君や角居君の厩舎で教わったことをしっかり活かせとるんでしょうな。

ただ、彼はこの結果に満足していないとワシは見とるんですわ。

何せ、中内田君は、サイレンススズカを使った1989年の宝塚記念や、アドマイヤベガを使った1999年のダービーや、アドマイヤグルーヴを使った2003年と2004年のエリザベス女王杯や、スズカマンボを使った2005年の天皇賞・春など、GIを10回も勝っとる橋田厩舎で調教助手をやっとったんで、間違いなく今は、「早くGIを勝ちたい」と思っとる筈やからな。

それに、技術調教師の時に世話になっとった、藤原君と角居君の成績と比べたら、

藤原厩舎→36勝・獲得賞金8億7682万円・特別レース15勝(重賞4勝)
角居厩舎→34勝・獲得賞金7億1172万円・特別レース10勝(重賞1勝)
中内田厩舎→28勝・獲得賞金4億3055万円・特別レース4勝(重賞1勝)

と、まだまだ遠く及ばん数字なんで、ワシが中内田君やったら、「賞金の高いGIを勝って、先輩達に近付きたい」とも考えますわ。

せやから、1着賞金9300万円のエリザベス女王杯にパールコーを登録しとる今週は、中内田君が、「初のGI勝ちを飾りたい」っちゅう思いで、メイチに仕上げてくる筈やで。

・・・・・・・・・・・

「元調教師のYさん」から届いた、パールコードの報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク