FC2ブログ

エリザベス女王杯は、「勘定奉行」に注目!?

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 242_R

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

昨日、東京5Rの新馬戦(芝2000m)は、小島茂之厩舎のヴォルフトーン(牡・父シンボリクリスエス)が勝ちました。

この馬は、2012年の中山牝馬Sで3着に入るなど、オープンで活躍したエオリアンハープ(父キングカメハメハ)がお母さんという、とても筋の通った血統です。

ヴォルフトーンに乗っていた田辺裕信君は、「3コーナーから4コーナーで、馬場の悪い内を通ってモタモタしましたが、外に出したらいい脚を使って伸びてくれました。まだ体が緩い分、上積みがあると思いますし、今後も楽しみですね」と話していました。

小島茂之厩舎と言えば、今までに、ロードクエストを使った去年の新潟2歳Sや、ブライトエンブレムを使った一昨年の札幌2歳Sや、ブラックエンブレムを使った2008年のフラワーCと秋華賞を勝っているように、2歳や3歳の若駒の仕上げが得意ですね。

ヴォルフトーンの次走は、体調を見て決めるそうですが、昨日のレース振りから、距離が伸びても問題なさそうですし、まだまだ良くなっていく馬だと思いますよ。

さてここからは、エリザベス女王杯に出るミッキークイーンについて、いつも私に美味しい情報をくれる、「馬主のMさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

野田みづきオーナーは、テレビCMなどで有名な財務会計ソフト・「勘定奉行」などを販売している、「株式会社オービック」の代表取締役会長・野田順弘(まさひろ)氏の奥様であり、自身も同社の取締役相談役を務めております。

1968年、大阪市西区にて、野田ご夫妻が会計機販売会社として設立した同社は、1971年に「東京支店(現東京本社)を、1973年に「名古屋支店」を、1976年に「福岡支店」を開設するなど、着実に事業拠点を増やし、現在では、東京本社(中央区京橋)と大阪本社(大阪市中央区)の他に、5ヶ所の支店と3ヶ所の営業所を有し、更に4社のグループ企業を有しております。

そして、2000年に東証1部に上場を果たした同社は、最近では、主力商品の総合業務ソフトウェア「OBIC7シリーズ」の販売や、「システムの運用支援サービス」が好調なことなどにより、
「2013年3月期」→売上高503億5100万円・経常利益214億7200万円
「2014年3月期」→売上高550億4000万円・経常利益248億8700万円
「2015年3月期」→売上高563億4400万円・経常利益277億2600万円
という過去3年の数字から分かる通り、「順調そのもの」と言える状況です。

更に、今年の4月25日(月)に発表された「2016年3月期」の数字も、
□売上高587億3800万円(前年比4・2%増)
□経常利益295億2100万円(前年比6・5%増)
という素晴らしいものでしたから、二人三脚で同社を大企業に成長させた経営手腕は、誰もが認めるところでしょう。

また、野田ご夫妻は、お二人ともJRAの馬主資格を持っており、みづきオーナーは確か2002年から馬を走らせ始め、現在までに80頭以上を所有し、その中の代表的な存在としては、2014年のNHKマイルC、スワンS、アーリントンC、シンザン記念、今年の阪急杯と、重賞を5勝しているミッキーアイルや、2015年のオークスと秋華賞を制しているミッキークイーンが挙げられます。

そして、過去3年のみづきオーナーは、
2013年→「13勝・獲得賞金1億8425万円」
2014年→「16勝・獲得賞金4億8245万円」
2015年→「17勝・獲得賞金5億3339万円」
と、順調に数字を伸ばし、今年も先週までで「15勝・獲得賞金4億3027万円」という好成績を残しておりますが、みづきオーナーは、この結果に満足せず、今週以降も貪欲に勝利を追求してくる筈です。

何故なら、みづきオーナーは、毎年欠かさず「セレクトセール」で良血馬を何頭も落札しており、今年も、7月11日(月)~12日(火)に行われた同セールに於いて、計9頭に総額5億2056万円(税込)を投じておりましたが、その後の獲得賞金は1億1241万円で、その内、馬主の取り分は8割の8993万円ですから、セールに投じた資金の2割弱しか回収できておりませんので。

そのため、現在のみづきオーナーは、「とにかく賞金を稼いで、回収のペースを早めたい」と考えている筈であり、1着賞金9300万円(同7440万円)のエリザベス女王杯にミッキークイーンを出走させる今週は、同馬を預けている池江先生にメイチの勝負仕上げを依頼している可能性が極めて高いと私は見ておりました。

実際、栗東にいる仲間に最終追い切りの内容を確認したところ、

「9日(水)、レースでも乗る浜中君が坂路に入れて、4Fが52秒0、終いの1Fが11秒9っちゅうエエ時計を出しとりました。コンマ5秒前を走っとったセータコローナ(3歳500万下)を追い掛けて、最後はコンマ5秒先着しとったし、雨で渋った馬場をものともせんで、力強い脚捌きで走れとったから、今回は、5月15日(日)のヴィクトリアマイルから約半年振りの実戦やけど、力を出し切れるデキに仕上がっとるんでしょうな」

という内容でしたから、好レースが期待できそうです。

・・・・・・・・・・・

「馬主のMさん」から届いた、ミッキークイーンの報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク