チャンピオンズCで、間違いなく勝負を懸けてくるのでしょう

こんばんは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

new one

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

先週のレースで、私達は、

「京都2歳Sでの3連単7450円4点的中」

「京阪杯での馬連1100円5点的中」

「渡月橋Sでの馬連23810円5点的中」

「高雄特別での馬連2930円3点的中」

という結果を残せました。

ただ、先週は、「キャピタルS」と「ジャパンC」を取りこぼしてしまったので、そのことをしっかりと反省して、今週は全部のレースをキッチリ仕留められるように、今まで以上に全力で情報収集にあたっていますので、改めてご期待ください。

さて、サウジアラビアロイヤルCと東京スポーツ杯2歳Sを連勝していて、25日(金)から、「エスティファーム小見川」(千葉県香取市)で放牧されているブレスジャーニーは、朝日杯FSやホープフルSといった年内のレースを目指さないで、来年の皐月賞トライアルに向けて調整されることになりましたね。

貴殿も知っていると思いますが、この馬を管理している本間忍君は、1976年から1997年まで乗り役をやっていて、その間には、イカルスシチー、フジノストーリーなど、私の厩舎にいた馬に乗ってくれたことが何度もあります。

もちろん私は、「調教師と騎手」という形で深く関わった本間君に対して、「これからも頑張って欲しい」と思っていますし、来年のクラシックに向けて、彼がブレスジャーニーをどう仕上げてくるのか、しっかり見届けたいと考えています。

そしてここからは、高木登厩舎がチャンピオンズCに登録しているサウンドトゥルーについて、私自身の見解を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

高木君は、1988年に競馬学校の厩務員課程に入って、その後は、まず、伊藤正徳君の厩舎で厩務員をやって、それからは、山崎彰義さんの厩舎や、加藤征弘君の厩舎や、浅野洋一郎君の厩舎で、調教助手として経験を積んでいましたね。

ちなみに1988年は、ブルーメルセデスがテレビ東京賞3歳牝馬S(今のフェアリーS)で2着、リアルオージャがセイユウ記念で2着に入ってくれましたし、他の馬も頑張ってくれたので、私が厩舎を開業してから一番多い23勝を上げた年でした。

2006年、調教師の試験に受かった高木君は、次の年に自分の厩舎を開業して、初めの年こそ、レースに使った頭数が少なかったので「5勝・獲得賞金1億1251万円」という成績でしたが、その後は、
2008年→「15勝・獲得賞金1億8535万円」
2009年→「17勝・獲得賞金2億3779万円」
2010年→「17勝・獲得賞金3億0266万円」
2011年→「17勝・獲得賞金2億2405万円」
2012年→「18勝・獲得賞金2億7317万円」
2013年→「19勝・獲得賞金4億0085万円」
と、安定した数字を残しています。

それに2014年は、マイネルフロストを使った毎日杯で初めて重賞を勝つと、ウインマーレライを使ったラジオNIKKEIと、スノードラゴンを使ったスプリンターズSも勝っていて、勝ち星は「17」でしたが、賞金は「5億4643万円」を獲得していました。

そして、去年の高木厩舎は、JRAの成績が、「23勝・獲得賞金4億3545万円」と、賞金は一昨年よりも1億円以上も少ない数字でしたが、地方交流で、
□サウンドトゥルー
日本テレビ盃(1着)とJBCクラシック(2着)と東京大賞典(1着)で、「1億4000万円」を獲得
□ホワイトフーガ
関東オークス(1着)とブリーダーズゴールドC(3着)とレディスプレリュード(3着)とJBCレディスクラシック(1着)で、「8295万円」を獲得
と、2頭で「2億2295万円」を獲得していて、JRAと合わせると、全部で「6億5840万円」という、今までで一番の賞金を稼げましたので、この数字に高木君はとても満足した筈です。

ただ、高木厩舎が今年に入ってから先週までに獲得した賞金は、JRAで「3億2790万円」、地方で「1億6113万円」と、合計の獲得賞金が「4億8903万円」ですから、このままのペースですと、去年の数字を大きく下回ってしまいます。
そのため、今の彼は、きっと、「このままではマズイ」と思っているでしょうね。

そこで、私が高木君でしたら、「賞金の高いレースを勝って、とにかく賞金を上乗せしたい」と考えますし、1着賞金9700万円のチャンピオンズCにサウンドトゥルーを登録している今週は、間違いなく勝負を懸けてくるのでしょう。

・・・・・・・・・・・

高木登厩舎のサウンドトゥルーの見解は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク