FC2ブログ

まだ20頭の出資を受け付けていますので

こんばんは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 038

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

先週のレースで、私達は、

「阪神ジュベナイルFでの3連単4250円5点的中」

「ラピスラズリSでの3連複2190円2点的中」

「名古屋日刊スポーツ杯での3連複1960円2点的中」

「浜名湖特別での3連複1550円1点的中」

という結果を残せました。

ただ、先週は、チャレンジCとカペラSを取りこぼしてしまったので、そのことを反省材料として、今週の「朝日杯FS」や、来週の「有馬記念」をキッチリ仕留められるように、今まで以上に全力で情報収集にあたっていますので、改めてご期待ください。

そして、今回は特別に、このブログを読んでいる皆さんにも、「朝日杯FSと有馬記念の買い目」を、確認してもらえるようになっています。

私自身や、私の頼もしい仲間達が掴んだ情報に基づいて決める買い目に、興味をお持ちの方は、下のリンクにアクセスして手続きを済ませてください。

【PCの方はこちらから】

【携帯の方はこちらから】

ただし、この「朝日杯FSと有馬記念の買い目」は、今の私にとって「収入源」とも言えるほど重要なものですから、「競馬で勝ちたい」と心の底から強く願っている方にだけに見て欲しいと考えています。

さて、話は変わりますが、昨日のシャティン競馬場では、香港Cがモーリス、香港ヴァースがサトノクラウンと、堀宣行厩舎の2頭が勝ちましたね。

堀君の厩舎は、今までに、

去年の「ジョージライダーS」→リアルインパクト

去年の「香港マイル」と今年の「チャンピオンズマイル」→モーリス

と海外のGIを3つ勝っていて、昨日の2つと併せて5勝目となりました。

これで、栗東の角居勝彦厩舎が持っている、

2005年の「アメリカンオークス」→シーザリオ

2005年の「香港マイル」→ハットトリック

2006年の「メルボルンC」→デルタブルース

2011年の「ドバイワールドC」→ヴィクトワールピサ

2012年の「クイーンエリザベス2世C」→ルーラーシップ

に並びましたね。

美浦でずっと調教師をやっていた私としては、関東の調教師が活躍してくれるのは、自分のことのように嬉しく感じていますし、これからも大きなレースを勝っていくでしょうから、堀厩舎の活躍に期待したいと思います。

そしてここからは、今週の朝日杯FSにレッドアンシェルと、ターコイズSにレッドオリヴィアを登録している、一口馬主クラブ・「東京ホースレーシング」について、いつも私に美味しい情報をくれる、「馬主のSさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

一口馬主クラブ・「東京ホースレーシング」の前身は、1987年のニュージーランドTを勝ったユーワジェームスや、2000年の中日スポーツ賞4歳S(現在のファルコンS)を勝ったユーワファルコンなどでお馴染みだった「ユーワホースクラブ」です。

クラブの名称が変更された理由は、パチンコ機器販売大手「フィールズ株式会社」の代表取締役会長であり、JRAの馬主としては、スピルバーグでお馴染みの山本英俊オーナーがクラブの権利を取得したからで、それからは、山本オーナーの奥様である洋子さんが代表を務め、「レッド」の冠名で所属馬を走らせております。

また、愛馬会法人・「東京サラブレッドクラブ」の代表は、中山馬主協会の会長である西川賢オーナーの異母弟であり、プロゴルファーでもある西川哲氏が務めておりますね。

既に引退している馬の中で、代表的な存在としては、2009年の秋華賞を制し、同年の桜花賞とオークスで2着になったレッドディザイアや、2014年の京王杯SCを含めて重賞を3勝したレッドスパーダや、2011年の府中牝馬S、小倉記念、七夕賞などを制したイタリアンレッドや、2013年の札幌2歳Sと阪神ジュベナイルFを制したレッドリヴェールといった名前が挙げられ、現役の代表的な存在としては、これまでに重賞を3勝しているレッドアリオンや、今年、重賞を2勝しているレッドファルクスが挙げられます。

一昨年の同クラブは、先述した京王杯SCに加え、レッドキングダムが中山大障害を、レッドアルヴィスがユニコーンSを制するなど、「獲得賞金10億3421万円」(59勝)という過去最高の成績を残しましたので、この結果には関係者全員が大いに満足した筈です。

また、昨年の同クラブは、レッドアリオンの活躍などにより、「獲得賞金9億6206万円」(49勝)と、勝ち星が50勝を割ってしまったものの、獲得賞金は前年とほぼ同水準となっておりました。

しかし、今年は重賞を2勝しているものの、先週までに「獲得賞金8億6262万円」(45勝)と、賞金と勝ち星のいずれも、過去2年のペースを下回っております。

この状況が影響しているのか、同クラブは、計32頭の「2016年度募集馬」(現1歳世代)について、7月21日(木)にカタログを発送し、7月22日(金)から「先行募集」を行なっており、8月5日(金)から「通常募集」を開始しておりますが、私が確認したところ、これらの内、既に満口となっているのは12頭のみで、残りの20頭は、現在も出資を受け付けております。

そのため、現在は同クラブの関係者全員が、過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に、「東京ホースレーシングの馬は稼げる」という印象を与えたい筈であり、過去の募集馬が重賞や特別レースを勝てば、その効果が大きいのは間違いありません。

そして今週、同クラブは、1着賞金7000万円(同5600万円)の「朝日杯FS」にレッドアンシェル、1着賞金3600万円(同2880万円)の「ターコイズS」にレッドオリヴィアを登録しておりますので、「どちらも勝負懸かり」と私は考えております。

・・・・・・・・・・・

「馬主Sのさん」から届いた、レッドアンシェルとレッドオリヴィアについての報告は以上です。

さて、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QR
リンク