シンザン記念を勝って、とにかくアピールしておきたい筈です

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 219_R

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

昨日の中山5Rで、グラスルアーに乗った吉田豊君が、JRA史上11人目、現役では8人目の通算1万5000回騎乗を達成しました。

吉田君は、一昨年の2月で調教師を引退した大久保洋吉君(1997年のオークスなど、GIを5つ勝ったメジロドーベルや、2004年の阪神ジュベナイルFを勝ったショウナンパントルなどを管理)の厩舎にずっと所属していましたね。

大久保君は私と同い年で、昔から仲良くしていましたから、その所属騎手だった吉田君のレースはもちろん、調教の時の仕事振りなどもじっくりと見ていますが、いつも真面目に取り組んでいましたし、フリーになった今もそれは変わっていません。

吉田君は、スペシャルシチーなど、私の管理馬にたくさん乗ってくれましたので、個人的に思い入れのある乗り役です。

今年の彼は、ツクバアズマオーに乗って中山金杯を勝って、幸先のいいスタートを切っていますから、これからもどんどん活躍してもらいたいですね。

そしてここからは、一口馬主クラブの「G1レーシング」が、今日のシンザン記念に使うペルシアンナイトについて、私の頼もしい仲間の一人、「元JRA馬主の小栗範恭さん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

「G1レーシング」は、「現8歳馬が初めて出資者を募集した世代」で、所属馬を走らせ始めたのが2011年からという、まだ歴史の浅い一口馬主クラブでして、以前は、全国各地で200店舗近くのスポーツクラブを運営している東証一部上場企業、「セントラルスポーツ株式会社」の相談役である村井良孝氏がクラブの代表を務めておりました。

そして、一昨年の6月頃からは、同クラブに於ける「愛馬会法人」の代表を、「社台グループの創始者」である吉田善哉氏の三男・吉田晴哉氏が務めており、「クラブ法人」の代表は、晴哉氏のご子息である吉田正志氏が務めております。

同クラブは設立から2015年まで、
2011年→8勝・獲得賞金1億0178万円
2012年→20勝・獲得賞金3億9186万円
2013年→17勝・獲得賞金2億6708万円
2014年→26勝・獲得賞金4億0476万円
2015年→38勝・獲得賞金6億7956万円
と、着実に獲得賞金を増やし続けていた上、昨年は、アルバートドックで小倉大賞典と七夕賞を、ソルヴェイグでフィリーズレビューと函館スプリントSを制し、この重賞4勝を含めた、「47勝・獲得賞金9億3706万円」という過去最高の成績を残しております。

しかし、クラブの関係者達は、昨年の結果に満足することなく、今年も早い内から貪欲に勝利を追求してくる筈です。

何故なら、「G1レーシング」は、昨年の5月12日(木)に、アルバートドックの半妹にあたる「ゴールデンドックエーの2015」(父オルフェーヴル)や、ソルヴェイグの全妹にあたる「アスドゥクール の2015」(父ジャングルポケット)など、計46頭の「2016年度募集馬」(現2歳世代)のラインナップを発表し、6月6日(金)から出資を受け付けておりますが、私が確認したところ、これらの内、満口となっているのは24頭で、募集中止となった2頭を除く残りの20頭は、現在も出資を受け付けているのですから。

したがって、現在は「G1レーシング」の関係者全員が、残りの20頭を早く満口とするため、「過去の募集馬を重賞で活躍させて、顧客層に好印象を与えたい」と考えている筈です。

そして今日は、1着賞金3800万円(馬主の取り分は8割の3040万円)のシンザン記念にペルシアンナイトを出走させますので、クラブの関係者達が、この馬を管理している池江先生に対して、メイチの勝負仕上げを指示している可能性が高いと私は見ておりました。

また、元調教師の方から届いている、追い切りについての報告が、
「12月28日(水)は、Cウッドでビッシリ追われて、1秒8前を走っとったレヴィンインパクト(古馬500万下)を追い掛けて、最後はキッチリ同入しとりました。1月4日(水)は、Cウッドに入れられて、4Fが54秒3、終いの1Fが12秒1っちゅう時計を馬なりで出しとりましたな。柔らかい身のこなしで、馬体の張りと毛ヅヤも目を引くもんやったんから、力を出し切れる状態に仕上がっとるんやろう」
というものでしたから、好レースが期待できると私は考えております。

・・・・・・・・・・・

「元JRA馬主の小栗範恭さん」から届いた、ペルシアンナイトの報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。

スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク