去年は重賞を5つ勝っていますが…

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 096 縮小

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

伊藤大士厩舎のミライヘノツバサ(牡4歳、父ドリームジャーニー)は、3月25日(土)の日経賞に向かうそうですね。

先週のアメリカJCCでは、4コーナーで先頭に並びかけて、タンタアレグリアとゼーヴィントとの叩き合いに持ち込む強気な競馬を見せてくれました。

結果は3着でしたが、先につながる内容だったと私は思っています。

ミライヘノツバサを管理している伊藤君は、2009年に厩舎を開業してから、今までに106勝を上げていますが、まだ重賞は勝てていませんので、間違いなく彼は、「次は必ず勝ちたい」と考えている筈ですから、日経賞に向けて、この馬をどう仕上げてくるのか注目ですね。

さてここからは、栗東の鮫島一歩厩舎が使う、シルクロードSのソルヴェイグと、根岸Sのブライトラインについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のIさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

鮫島一歩君は、1979年から増本豊さんの厩舎で調教助手になって、1999年に調教師の試験に受かって、次の年に自分の厩舎を開業しとりますな。

初めの年は10勝止まりやったけど、次の年からは毎年のように20勝以上しとりますし、シルクフェイマスを使った2004年の日経新春杯で初めて重賞を勝つと、レインボーペガサスを使った2008年のきさらぎ賞や、キングトップガンで勝った2011年の目黒記念や、リトルゲルダを使った一昨年のセントウルSなど、今までに20回も重賞を勝っとるんやから大したもんですわ。

こうやって、ええ成績を残せとるんは、増本さんの厩舎で調教助手をやっとった時に、京都記念と阪神大賞典を勝ったダイナカーペンターや、高松宮記念など重賞を4つも勝っとるマサラッキとか、走る馬を間近で見とった経験を活かせとるからやろうな。

2006年の鮫島君は、開業してから一番多い「41勝」(獲得賞金は6億3437万円)っちゅう数字を残して、「優秀調教師賞」をもらっとりましたし、2008年には、「7億4475万円」(38勝)っちゅう、今までで一番の賞金を稼いどりました。

せやけど、一昨年までの4年間は、
2012年→獲得賞金4億7650万円(27勝)
2013年→獲得賞金5億8767万円(30勝)
2014年→獲得賞金6億3597万円(29勝)
2015年→獲得賞金3億6091万円(17勝)
っちゅう、浮き沈みの大きい成績が続いとったんですわ。

せやから、去年の鮫島君は、「巻き返さなアカン」と考えとった筈で、実際、ソルヴェイグを使ったフィリーズレビューと函館スプリントS、マコトブリジャールを使った福島牝馬SとクイーンS、タガノトネールを使った武蔵野Sと、重賞を5つも勝っとたんや。

けど、他の馬がイマイチやったから、最終的な成績は「24勝・獲得賞金5億8640円」っちゅうもんで、2008年の賞金より「1億5835万円」も少なかったんですわ。

しかも、去年、重賞を2つ勝ったマコトブリジャールは、屈腱炎になってしもうて、復帰のメドが立っとりませんし、武蔵野Sを勝ったタガノトネールは、チャンピオンズCに向けた調教中の骨折で、予後不良になってしもたんやから、今の鮫島君は、「この2頭の分を他の馬で稼がなアカン」と考えとるんでしょうな。

そんで今週は、1着賞金3900万円のシルクロードSにソルヴェイグ、3800万円の根岸Sにブライトラインを使ってきますんで、かなり勝負懸かっとる筈ですわ。

・・・・・・・・・・・

「元調教師のIさん」から届いた、ソルヴェイグとブライトラインの報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク