FC2ブログ

2014年に近付けるためにも、レパードSを勝ちたい筈です

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

new one

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

8月17日(木)に門別競馬場でやる交流重賞・ブリーダーズゴールドC(ダート2000m)の出走予定馬が、昨日、発表されましたね。

美浦からは、

タイニーダンサー(伊藤圭三厩舎)

が選ばれて、栗東からは、

クイーンマンボ(角居勝彦厩舎)
スルターナ(昆貢厩舎)
マイティティー(本田優厩舎)
ワンミリオンス(小崎憲厩舎)

の4頭が選ばれました。

このレースは、1989年から行われていて、2014年から牝馬限定戦になっています。

ちなみに、牝馬限定戦になってからの3年は、

2014年→サンビスタ(角居勝彦厩舎)
2015年→アムールブリエ(松永幹夫厩舎)
2016年→アムールブリエ(松永幹夫厩舎)

と、ずっと栗東の馬が勝っていますね。

タイニーダンサーは、去年のこのレースで2着でしたから、門別のコースに戸惑うことはないでしょうし、力を出し切れれば、チャンスは十分にあるでしょうね。

それに、伊藤君の厩舎は、去年、タイニーダンサーで交流重賞の関東オークスを勝ってから、重賞をご無沙汰していますので、今は、「とにかくブリーダーズゴールドCを勝ちたい」と考えている筈です。

そのため、彼が、レースに向けてこの馬をどう仕上げてくるのか、しっかり見極めたいと思っています。

50年近くの間、ずっと美浦で働いてきた私にとっては、やはり、美浦の馬を応援したい気持ちが大きいので、タイニーダンサーには、頑張って欲しいものですね。

さて、私達は先週、TVh賞とクイーンSを取りこぼしてしまいましたが、他のレースで、

「アイビスSDでの3連複7210円5点的中」

「佐世保Sでの馬連17160円5点的中」

「薩摩Sでの3連複6990円5点的中」

「佐渡Sでの3連複3890円4点的中」

という、いい結果を残せました。

そして、今週もいい結果を残せるように、全力で情報収集にあたっていきますし、今週のレースについての詳しい話はできる限りこのブログで公開していきたいと考えていますので、興味のある方は必ず読んでくださいね。

そしてここからは、栗田博憲厩舎がレパードSに登録しているスターストラックについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のMさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

栗田博憲君は、1972年に、中山競馬場の白井分場にあった成宮明光さん(1971年のオークスを制したカネヒムロなどを管理)の厩舎の調教助手になって、それから8年くらい経験を積んで、1980年に調教師の試験に受かって、その年の10月に自分の厩舎を開業しました。

最初の年は出走頭数が少なかったので1つも勝てませんでしたが、2年目に6勝、3年目に11勝と、だんだんと数字を伸ばしていて、1987年には、開業してから一番多い32勝を上げていましたね。

そして彼の厩舎は、1987年のエリザベス女王杯を勝ったタレンティドガールや、1992年と93年の安田記念を連覇するなど重賞を4勝したヤマニンゼファーや、1998年の高松宮記念など重賞を3勝したシンコウフォレストや、2014年の皐月賞など重賞を5勝しているイスラボニータなど、走る馬を何頭も育てていて、先週までに、6つのGIを含めて重賞を26勝、通算で631勝を上げています。

2014年は、イスラボニータの活躍などで、重賞を3つ勝ちましたし、「5億1227万円」という、開業してから一番の賞金を稼げましたので、きっと栗田君は満足したのでしょう。

でも、一昨年は、重賞を1つも勝てなくて、獲得賞金は「2億1953万円」と、2014年の半分以下になってしまいました。

そのため、去年の栗田君は、「必ず巻き返したい」と考えていた筈ですし、実際、「24勝・獲得賞金4億9382万円」と、一昨年の倍以上の賞金を稼いでいますから、私の見込みは正しかったのでしょう。

でも、栗田君はこの成績に決して満足していない筈です。

何しろ、彼の厩舎は、今書いた通り、去年は24勝を上げているものの、重賞は、マイネルハニーを使ったチャレンジCの1勝のみだったため、2014年の賞金を上回れなかったのですから。

それに今年の栗田君は、先週までに、イスラボニータでマイラーズCを勝つなど、「17勝・獲得賞金3億3185万円」と、去年の同じ時期(7月まで)の「14勝・獲得賞金2億0253万円」を上回っていますが、2014年の賞金を上回るためには、あと2億円近くを稼ぐ必要があります。

そして今週は、1着賞金が4000万円のレパードSにスターストラックを登録していますから、今の内から2014年の数字に少しでも近付けるように、全力で仕上げてくると私は見ています

・・・・・・・・・・・

「元調教師のMさん」から届いた、スターストラックについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク