FC2ブログ

去年の3割くらいしか稼げていないので、安田記念を勝って一気に稼ぎたいのでしょう

これを見れば、
週末が「JRAからの給料日」になるでしょう!

先週も、
目黒記念:馬連19220円5点的中
という好結果を残している、
「大物競馬関係者達のガチンコ買い目」
を、今なら「完全無料」で確認できます!

詳細はこちら。
↓↓↓↓
★ ここをクリック ★

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 096 縮小

尾形和幸厩舎のブラゾンドゥリス(牡6歳・父ノボジャック)は、この後、6月9日(土)のアハルテケS(東京・ダート1600m)と、7月8日(日)のプロキオンS(中京・ダート1400m)を使われることになりました。

この馬は、去年、地方交流の黒船賞(高知・ダート1400m)で、初めての重賞勝ちを飾っていましたね。

でも、それからは、

■2017年

かしわ記念→4着
欅S→6着
武蔵野S→15着
福島民友C→4着
ギャラクシーS→2着

■2018年

根岸S→8着
バレンタインS→7着
栗東S→2着

と勝ち切れないレースが続いています。

そして、前走の後は、放牧に出されないで、そのまま厩舎で調整されていますね。

ブラゾンドゥリスを管理している尾形和幸君は、仙台育英高校と中央大学でずっと馬術をやっていて、大学を卒業してから、2003年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の7月に加藤征弘厩舎の厩務員になり、8月には調教助手として久保田貴士厩舎に移って、2012年の12月に調教師の試験に受かるまで、ずっと久保田君の厩舎にいました。

尾形君がいた頃、久保田君の厩舎には、2008年の根岸Sなど、重賞を3つ勝ったワイルドワンダーや、2009年のラジオNIKKEI賞を勝ったストロングガルーダなどがいましたから、こういった走る馬を間近で見られたのは、彼にとっていい経験になった筈です。

そして尾形君は、2013年の3月に自分の厩舎を開業していて、今までにJRAで75勝していますね。

ただ、彼の厩舎は、さっき書いた通り、ブラゾンドゥリスで、去年、地方交流の黒船賞を勝っていますけど、JRAの重賞は、カラダレジェンドを使った2013年の京王杯2歳Sからご無沙汰していますので、今の尾形君は、「久々にJRAの重賞を勝ちたい」と思っているのでしょう。

ですから、尾形君が、プロキオンSを見据えてブラゾンドゥリスをどう仕上げてくるのか、そのあたりをしっかりと見極めたいと思っています。

そしてここからは、西浦勝一厩舎が安田記念に使うブラックムーンについて、私の頼もしい仲間の一人で、ずっと栗東で乗り役と調教助手をやっていた鎌田光也君から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

西浦先生の親父さんは、高知競馬で乗り役と調教師をやっとった西浦孫一さんやな。

先生は、中学を卒業してから馬事公苑に入って、1969年に、孫一さんと付き合いがあった土門健司さんの厩舎から乗り役としてデビューしとりました。

当時、ワシは松田由太郎先生の厩舎に所属しとって、西浦先生は、松田厩舎の馬によう乗ってくれたもんやし、ワシも、土門先生の馬によう乗せてもろうたんで、そん時から兄弟みたいに付き合っとるんや。

最近も、何度か一緒にゴルフに行ったりとか、色んなところで顔を合わせとります。

乗り役やった頃の先生は、テルテンリュウに乗った1980年の宝塚記念とか、カツラギエースに乗った1984年のジャパンCとか、ヤエノムテキに乗った1988年の皐月賞とかを勝っとりますし、1996年に調教師の試験に受かって引退するまでに、GIを5つ、それを入れて重賞を26回も勝って、通算で635勝っちゅう実績を残しとりましたな。

そんで西浦先生は、定年で引退した布施正先生の後を引き継ぐ形で、1997年に自分の厩舎を開業しとって、今までに、桜花賞や秋華賞とか重賞を5つ勝ったテイエムオーシャンとか、オークスと秋華賞を勝ったカワカミプリンセスとか、2014年のチャンピオンズCなど、JRAと地方でGIを10回も勝っとったホッコータルマエとか、走る馬を何頭も育てとりますんで、乗り役としてだけやなくて、調教師としてもキッチリ結果を残しとるんやから立派なもんですわ。

2006年は、オークスと秋華賞を勝ったカワカミプリンセスの活躍とかで、23勝を上げて、「6億0034万円」っちゅう、開業してから一番の賞金を稼いどりました。

せやけど、それからは一度もこの数字を超えとらんし、一昨年までの4年間も、
2013年→25勝・獲得賞金4億6764万円
2014年→22勝・獲得賞金4億7447万円
2015年→24勝・獲得賞金5億1033万円
2016年→23勝・獲得賞金4億8067万円
っちゅう成績やったんですわ。

ただ、去年は、「27勝・獲得賞金5億7856万円」っちゅう数字で、開業してから一番の勝ち星を上げとって、獲得賞金も開業してから2番目の数字やったし、あと「2178万円」を稼げば、2006年の数字を超えられたんで、きっと今年の西浦先生は、「去年より頑張って、必ず2006年の数字を超えたい」と考えとるんやろうな。

けど、今年は、先週までに「8勝・獲得賞金1億8985万円」っちゅう数字で、まだ去年の3割くらいしか稼げとらんのやから、きっと今の先生は「賞金の高いレースを勝たなアカン」と考えとる筈ですわ。

そんな中、今週は、1着賞金が1億1000万円の安田記念にブラックムーンを使いますんで、「勝負懸かり」とワシは見とったし、実際、昨日の最終追い切りでは、とてもスムーズ動きを見せとったんで、エエ走りができそうやな。

それに、西浦厩舎は、ホッコータルマエで2016年に地方交流の川崎記念を勝っとるんやけど、JRAのGIは、この馬を使った2014年のチャンピオンズCからご無沙汰なんで、この馬には、「久々にJRAのGIを勝ちたい」っちゅう思いも込められとる筈やで。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

西浦勝一厩舎が安田記念に使うブラックムーンについて、「元JRA騎手・調教助手の鎌田光也君」から届いた報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク