キーンランドCで、私が期待したいのは…

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 096 縮小

大竹正博厩舎のグレーターロンドン(牡4歳・父ディープインパクト)は、次走の予定が、10月8日(日)の毎日王冠ですね。

この馬は、一昨年の10月31日(土)の3歳上500万下(東京・芝1800mの)を勝った後、蹄葉炎になってしまって、復帰するのに1年以上も掛かってしまいました。

ただ、復帰戦だった去年の11月12日(土)の3歳上500万下(東京・芝1600m)を勝つと、その後も、

2016年12月3日(土)の3歳上1000万下(中山・芝1600m)で1着

2017年1月29日(土)の節分S(東京芝1600m)で1着

2017年3月12日(土)の東風S(中山芝1600m)で1着

と連勝を伸ばしていました。

初めての重賞だった前走の安田記念では4着に負けて、連勝が「5」で止まってしまいましたけど、それでも勝ったサトノアラジンとの差は僅かコンマ1秒だったのですから、グレーターロンドンの走りを見た大竹君は、「この馬なら、すぐに重賞を勝てる」という手応えを掴んだ筈です。

この馬は、安田記念の後、美浦トレセンの診療所で球節のクリーニング手術を受けて、それから、放牧には出されないで、厩舎で調整されていて、毎日王冠に向けて、大竹君がどう仕上げてくるのか、しっかり見極めなければなりませんね。

さてここからは、栗東の渡辺薫彦厩舎がキーランドCに使うメイソンジュニアについて、私の頼もしい仲間の一人、「馬主のOさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

メイソンジュニアをキーンランドCに出走させる「株式会社カナヤマホールディング」は、福岡県福岡市の博多区に本社を構え、宮崎県と鹿児島県に於いて、パチンコホールを運営しております。

1986年、宮崎県の児湯(こゆ)郡高鍋町に、「国際グランプリ高鍋店」(現在のOPUS高鍋店)をオープンした同社は、その後、
□1996年
宮崎県宮崎市に「ビックママ宮崎店」(現在のOPUS宮崎店)をオープン
□2001年
宮崎県都城市に「OPUS都城店」をオープン
□2007年
宮崎県延岡市に「OPUS延岡店」をオープン
鹿児島県肝属(きもつき)郡肝付町に「OPUS鹿屋店」をオープン
□2013年
宮崎県宮崎市に「OPUS小松台店」をオープン
□2017年
宮崎県都城市に「OPUS三股店」をオープン
といった形で店舗を増やしている上、レストラン事業などを手掛ける「株式会社カナヤマフーズ」や、託児施設を運営している「株式会社Person」というグループ会社を擁しており、私が聞いた話によれば、現在、グループ全体の従業員数は300名近くになっているそうですから、地域の雇用に大きく貢献している筈です。

馬主としての同社は、昨年からJRAで馬を走らせ始めたばかりですが、現在、30頭近くを所有しております。

そして初年度の昨年に早くも10勝を上げ、「1億1854万円」の賞金を獲得した上、今年に入ってからもその勢いは続いており、カシアスを出走させた函館2歳Sで初の重賞勝利を飾るなど、先週までに12勝を上げ、「2億0422万円」の賞金を獲得していることから、「今後、要注目の存在」と言えるでしょう。

ただ、「カナヤマホールディングス」の関係者達は、これまでの成績に満足することなく、今週以降も貪欲に勝利を追求してくる筈です。

何故なら同社は、昨年の競走馬セールに於いて、
4月26日(火)の「JRAブリーズアップセール」→1頭を1242万円で落札
5月16日(月)の「千葉サラブレッドセール」→1頭を2160万円で落札
5月24日(火)の「HBAトレーニングセール」→4頭を4978万8000円で落札
7月11日(月)~12日(火)の「セレクトセール」→5頭を1億5822万円で落札
10月3日(月)~5日(水)の「オータムセール」→1頭を918万円で落札
と、計12頭を総額2億5120万8000円で落札していた上、今年も、
7月10日(月)~11日(火)の「セレクトセール」→1頭を2484万円で落札
7月18日(火)の「HBAセレクションセール」→1頭を3240万円で落札
8月21日(月)~25日(金)の「HBAサマーセール」→7頭を8446万円で落札
と、計9頭を総額1億4170万円で落札しておりますので。
(落札金額は全て税込表記)

当然、この状況を踏まえると、同社の関係者達は、「いち早くセールで使った資金を回収したい」と考えている筈であり、そのためには、賞金の高い重賞を勝つのが近道と言えるでしょう。

こういった中、今週は、1着賞金4100万円(馬主の取り分は8割の3280万円)のキーンランドCにメイソンジュニアを出走させますので、私が「株式会社カナヤマホールディングス」の関係者でしたら、この馬を預けている渡辺薫彦先生に対してメイチの勝負仕上げを指示しますし、実際、函館にいる元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「23日(水)、ウッドに入れられて、5Fが70秒6、終いの1Fが12秒2っちゅう時計を馬なり出しとりました。馬場が渋っとったんで、時計は目立つもんやなかったけど、動きは力強かったし、体をふっくらと見せとりましたから、渡辺君がキッチリ仕上げてきたんやろ」

というものでした。

これらの理由から、私はこの馬を「大いに注目すべき存在」と見込んでおります。

・・・・・・・・・・・

「馬主のOさん」から届いた、渡辺薫彦厩舎がキーンランドCに使うメイソンジュニアについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク