栗東のN君が「小倉2歳Sと札幌2歳Sで勝負懸かり」と判断できる理由は…

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんばんは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 038

応援のクリックをよろしくお願いします。

【FC2ブログランキング】

【人気ブログランキング】

【競馬ブログランキング】

【ブログ村 競馬ブログ】

堀宣行厩舎のアルバート(牡6歳・父アドマイヤドン)は、11月7日(土)のオーストラリアのフレミントン競馬場で行われる「メルボルンC」(G1・芝3200m)に登録しましたね。

千葉県市川市出身の堀宣行君は、日本大学の商学部に通っている時に、実家から近かった中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたそうですね。

大学を出た後は、電気設備工事や情報通信工事などをやっている「関電工」で、経理関係の仕事をしていたそうですが、次の年の1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入っていますので、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。

このブログを読む方なら知っていると思いますが、調教師になってからの彼は、サトノクラウンを使った今年の宝塚記念や、モーリスを使った去年の天皇賞・秋を勝つなど、今までにJRAで「重賞50勝・通算477勝」という素晴らしい成績を残しています。

堀君の厩舎と言えば、最近、管理馬をどんどん海外に遠征させていて、今までに、

リアルインパクト→2015年のジョージライダーS(オーストラリアのG1)
モーリス→2015年の香港マイルと去年のチャンピオンズマイルと香港カップ
サトノクラウン→去年の香港ヴァーズ
ネオリアリズム→今年のクイーンエリザベス2世C

と、海外のG1を6つも勝っていますし、アルバートは、去年のダイヤモンドSと、去年と一昨年のステイヤーズSを勝っているように、長い距離のレースでいい結果を残していますので、堀君が「メルボルンCでもいい勝負になる」と判断したんでしょうね。

そしてここからは、栗東の西村真幸厩舎が小倉2歳Sに登録しているジュンドリームとタイセイソニック、札幌2歳Sに登録しているシスターフラッグについて、「栗東で記者をやっているE君」から届いた報告を紹介しておきましょう。

……………

西村真幸先生は、北海道の様似(さまに)出身で、実家は様似港のすぐ近くで漁具店を営んどります。

先生は、同級生の実家がやっとる牧場を手伝っとって、そん時から、「将来は競馬に関わる仕事をしたい」と考えるようになったそうですな。

その後、ノーザンファームで働いてから、2002年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の10月に新井仁厩舎で厩務員を、次の月からは、福島勝厩舎の調教助手をやっとりました。

それからは、友道康夫先生の厩舎や、岩元市三先生の厩舎で経験を積んで、2014年に調教師の試験に受かって、一昨年の3月に自分の厩舎を開業しとります。

ちなみに西村先生は、調教師になる前、栗東トレセンのバスケ部に所属しとって、このバスケ部の創設メンバーには、去年の2月一杯で引退した橋口弘次郎先生がおって、その後も、角居勝彦先生や藤岡健一先生などがチームに入っとったんですわ。

そうそう、去年の「ジョッキーベイビーズ」に、東海地区の代表として出場して4着やった西村悠希君は、西村先生の二番目の息子さんですな。

一昨年、厩舎を開業した西村先生は、3月28日(土)にサンフレイムで初勝利を上げて、その年は全部で「9勝・獲得賞金1億5569万円」っちゅう成績を残しとったし、マイネルバイカを使った地方交流の白山大賞典で初めての重賞勝ちを飾っとります。

そんで去年は、重賞を勝てんかったけど、「20勝・獲得賞金2億8374万円」と、キッチリ成績を伸ばしとりました。
で、今年に入ってから先週までは、もう19勝を上げとるし、獲得賞金は「3億5911万円」と、早くも去年を上回っとりますんで、友道先生や岩元先生の厩舎で教わったことをしっかり活かせとるんでしょうな。
せやけど、西村先生は、先週までの結果に満足しとらんとワシは見とります。

何せ、西村先生と同期の調教師は、池添学先生、奥村武先生、奥村豊先生、武井亮先生、松下武士先生と、全部で5人おって、そん中で、今年の西村先生は、さっきも書いた通り、「19勝・獲得賞金3億5911万円」っちゅう、同期の中で一番の成績を残しとりますけど、そん次に成績のエエ池添先生が、「16勝・獲得賞金3億0300万円」っちゅう数字で、「勝利数で3つの差」、「賞金で5611万円の差」に迫っとりますんで。

そんな訳で、ワシが先生やったら、「同期の中で1位をキープしたい」と考えて、賞金の高い特別レースを勝つことに全力を注ぐやろうし、実際に今週は、1着賞金3100万円の小倉2歳Sにジュンドリームとタイセイソニック、3100万円の札幌2歳Sにシスターフラッグを登録しとりますんで、西村先生がこの4頭をレースに向けてどう仕上げてくるんか、念入りに確認せなアカンでしょうな。

しかも、同期の中の3人は、
池添先生:今年のオーシャンS
奥村武先生:今年のフェアリーS
松下先生:一昨年の東京ジャンプSと阪神ジャンプSと今年のフィリーズレビュー
と書けば分かる通りで、もうJRAの重賞を勝っとるんやけど、西村先
生はまだなんやから、この3頭には、「ここで初めてのJRA重賞勝ちを」っちゅう思いも込められとる筈ですわ。

・・・・・・・・・・・

「栗東で記者をやっているE君」から届いた、ジュンドリームとタイセイソニックとシスターフラッグの報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク