KオーナーがセントウルSを勝ちたい理由とは

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 242_R

昨日の中山5Rの新馬戦(芝2000m)は、相沢郁厩舎のバレリオ(牡・父ステイゴールド)が勝ちましたね。

この馬は、姉に2012年のオークスで3着に入ったアイスフォーリスがいる血統です。

スタートで後手を踏んでしまって最後方からの競馬となりましたが、3コーナーあたりから徐々にポジションを上げていき、直線に入ると鋭く伸びて、2着のニシノマメフクにコンマ2秒の差を付ける快勝でした。

バレリオに乗っていた津村君は、「周りの馬を気にして出遅れてしまい、道中も他馬を気にして突っ張りながら走っていました。それでも勝つのですから、この先が本当に楽しみです」と話していましたね。

美浦で見た時は、トモが緩く感じましたし、調教でもそれほど動いていなかったので、「まだ仕上り途上だな」と感じていたのですが、それでも強い内容で勝ったのですから、この後も期待できるでしょう。

バレリオは、これから放牧に出して、体調を見ながら次走を決めるそうですが、相沢君がどのレースに使ってくるのか、今から注目したいと思っています。

さてここからは、栗東の須貝尚介厩舎がセントウルSに使うアドマイヤゴッドについて、いつも私に美味しい情報をくれる、「馬主のTさん」から届いた見解を報告しておきましょう。

・・・・・・・・・・・

アドマイヤゴッドを所有している近藤利一オーナーの本業は、大阪市北区に拠点を構え、建築解体業などを手掛けている、「合建株式会社」の代表取締役会長です。

1984年にJRAの馬主資格を取得している近藤オーナーは、現在までに400頭近くを所有しており、その中の代表的な存在としては、1998年の朝日杯3歳S(現在の朝日杯FS)と2002年の安田記念を制したアドマイヤコジーンや、1999年のダービーを制したアドマイヤベガや、2001年の朝日杯FSと2004年のフェブラリーSを制したアドマイヤドンや、2003年と2004年のエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴや、今年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードといった名前が挙げられるでしょう。

この馬達の活躍により、近藤オーナーは、これまでに「GIレース11勝を含む重賞57勝」という素晴らしい成績を残しております。

2013年は、アドマイヤラクティを出走させたダイヤモンドS、アドマイヤロイヤルを出走させたプロキオンSと、重賞を2勝し、それを含めて「40勝・獲得賞金9億1013万円」という数字を残しておりました。

ただ、その後は、
2014年→45勝・獲得賞金7億6855万円
2015年→34勝・獲得賞金7億6816万円
2016年→23勝・獲得賞金5億3716万円
と、3年続けて2013年の獲得賞金を下回っておりますので、今年の近藤オーナーは、重賞や特別レースを多く勝って必ず巻き返したいと強く願っている筈です。

実際、今年に入ってから先週までは、アドマイヤミヤビでクイーンC、アドマイヤリードでヴィクトリアマイルを制するなど、「17勝・獲得賞金5億6286万円」という成績を残しており、既に昨年の獲得賞金を上回っておりますが、私は、近藤オーナーが先週までの結果に満足せず、今後も貪欲に勝利を追求してくると見ております。

何故なら、近藤オーナーは、競走馬セールに参加する機会が多く、昨年は、7月11日(月)~12日(火)に行われた「セレクトセール」に於いて、計6頭に総額3億1644万円(税込)を投じていた上、7月10日(月)~11日(火)に行われた今年の同セールに於いても、6億2640万円(税込)で落札した「イルーシヴウェーブの2017」(牡・父ディープインパクト)をはじめ、計13頭を総額12億3660万円(税込)で落札しておりますが、それから先週までに獲得した賞金は「7486万円」であり、その内、「馬主の取り分」は8割の「5989万円」ですから、落札に要した資金の約5%しか回収できておりませんので。

こういった中、今週は、1着賞金5900万円(馬主の取り分は8割の4720万円)のセントウルSにアドマイヤゴッド(京成杯AHにも登録)を登録しておりますので、私が近藤オーナーであれば、「賞金の高い重賞レースを勝って、一気に稼ぎたい」と考え、この馬を預けている須貝先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを指示するでしょう。

そこで、元調教師の方に最終追い切りの内容を確認したところ、

「6日(水)、レースでも乗る北村友一君が坂路に入れて、4Fが55秒2、終いの1Fが12秒5っちゅう時計を馬なりで出しとりました。先週、併せ馬で速い時計を出しとったんで、今週は終い重点の内容やったけど、仕掛けられると素早く反応しとったし、体もフックラ見せとったんで、須貝君がキッチリ仕上げてきたんやろ」

という内容でしたから、上位に食い込んでくる可能性があると私は見ております。

・・・・・・・・・・・

「馬主のTさん」から届いた、アドマイヤゴッドについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク