日大商学部出身のH君が、オールカマーで勝負を懸ける理由は…

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

techaer_yamada130315.jpg

蛯名利弘厩舎のパッセ(牝2歳、父パイロ)は、次走の予定が、9月30日(土)のカンナSになりましたね。

この馬は、新馬戦を3馬身差で圧勝すると、前走の函館2歳Sでは、積極的にハナを切って、早めに後ろの馬に交わされてしまいましたけど、それからもよく粘って、勝ち馬カシアスからコンマ3秒差の5着でした。

重賞でこれだけ走れたんですから、オープン特別ならもっといい勝負になるでしょう。

パッセを管理している蛯名君は、乗り役だった時に、1988年のテレビ東京賞3歳牝馬S(現在のフェアリーS)で2着に入ったブルーメルセデスや、シリウスシチー、マウントスピード、ティーエムビガーなど、私が管理していた馬にたくさん乗ってくれました。

このように、私にとって彼は、「厩舎の主戦騎手だった」と言える存在ですから、調教師となった今でも、個人的な思い入れが強いので、これからどんどん活躍して欲しいと願っています。

実際、2012年に自分の厩舎を開業してからは、
2012年→「2勝・獲得賞金3570万円」
2013年→「7勝・獲得賞金1億0192万円」
2014年→「8勝・獲得賞金1億4184万円」
2015年→「11勝・獲得賞金1億8673万円」
2016年→「13勝・獲得賞金2億1071万円」
と数字を伸ばしていますし、今年は先週までで、「10勝・獲得賞金1億3891万円」という成績を残していますね。

でも、蛯名君の厩舎はまだ重賞を勝てていませんので、「そろそろ重賞を勝ちたい」と考えているでしょうし、パッセは、カンナSを勝って本賞金を加算できれば、その後の重賞に出られますから、これから彼がこの馬をどう仕上げてくるのか、注目したいと思っています。

さて、私達は先週のレースで、レインボーSを取りこぼしてしまいましたが、

「ローズSでの馬連21390円5点的中」

「オークランドRCTでの馬単10860円5点的中」

「夙川特別での馬単8600円5点的中」

「セントライト記念での3連単7230円5点的中」

「仲秋Sでの3連複6070円4点的中」

「甲武特別での3連複5510円4点的中」

「ラジオ日本賞での3連複4570円4点的中」

「野路菊Sでの3連複4010円3点的中」

という結果を残せました。

もちろん、「オールカマー」や「神戸新聞杯」をはじめとした今週のレースでもいい結果を残せるよう、今まで以上に全力で情報収集にあたっていきますし、そこで得た馬券に役立つ情報はこのブログで紹介しますので、興味のある方は必ず読んでください

そしてここからは、堀宣行厩舎がオールカマーに登録しているアルバートについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のNさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

千葉県市川市出身の堀宣行君は、日本大学の商学部に通っている時に、実家から近かった中山競馬場で、誘導馬の世話をするアルバイトをしていたそうですね。

そして大学を出た後は、電気設備工事や情報通信工事などをやっている「関電工」で、経理関係の仕事をしていたそうですが、1991年に、「関電工」を辞めて競馬学校の厩務員課程に入ったように、中山競馬場でアルバイトをしていた頃から、「馬に関わる仕事をしたい」という気持ちがあったのでしょう。

競馬学校を出てからの堀君は、諏訪富三さんの厩舎で厩務員をやって、二ノ宮敬宇君の厩舎で調教助手になって経験を積んで、自分の厩舎を開業したのは2003年ですから、今年で15年目になりますね。

初めの年こそ、「6勝・獲得賞金1億2370万円」という数字でしたが、次の年に、「16勝・獲得賞金2億2801万円」と大きく成績を伸ばすと、2005年からは、毎年欠かさず20勝以上していますし、ビーナスラインを使った2006年の函館スプリントSで初めての重賞勝ちを、キンシャサノキセキを使った2010年の高松宮記念で初めてのGI勝ちを飾っていて、先週までに、JRAだけで重賞を50勝もしています。

最近の堀厩舎は、管理馬をどんどん海外に遠征させていて、今までに、

リアルインパクト→2015年のジョージライダーS(オーストラリアのG1)
モーリス→2015年の香港マイルと去年のチャンピオンズマイル(香港のGI)と香港カップ
サトノクラウン→去年の香港ヴァーズ

と、海外のG1を5つも勝っていますので、彼のことを「日本を代表する調教師」と言っても大げさではないでしょうね。

2015年は、ドゥラメンテを使った皐月賞とダービー、モーリスを使った安田記念とマイルCSなど、JRAで、「重賞8勝を含む54勝・獲得賞金15億2485万円」という成績を残して、初めて「調教師リーディング1位」になっていました。

その中で、私が「これは素晴らしい」と感じたのは、2割3分という勝率で、その年の勝率が2位だった藤原英昭君が1割8分1厘、その年の獲得賞金が一番だった池江泰寿君が1割3分7厘と書けば、堀君が残した数字の高さがよく分かる筈です。

そして、2016年の堀君は、JRAで、モーリスを使った天皇賞・秋を勝つなど、「重賞7勝を含む44勝・獲得賞金13億0934万円」(リーディング5位)という成績を残していましたね。

これが他の厩舎であれば、「かなりいい数字」と言えるのでしょうが、2015年と比べると、勝ち星が「10」、賞金が「2億1551万円」も少なかったのですから、堀君は満足していない筈で、「今年は必ず巻き返したい」と考えているのでしょう。

でも、今年に入ってから先週までの成績は、「32勝・獲得賞金7億8266万円」(リーディング8位)で、去年の同じ時期(9月の3週)の「33勝・獲得賞金・9億2254万円」を下回っています。

それに、今、調教師リーディングトップの池江泰寿君は、「48勝・獲得賞金12億8731万円」という成績ですから、勝利数で「16」の差、獲得賞金で「5億0465万円」の差を付けられていますので、きっと堀君は、これから賞金の上乗せに全力を注いでくる筈で、私が堀君でしたら、これから年末までは、「賞金の高い特別レースを絶対に取りこぼせない」という思いで、どの馬もメイチに仕上げるでしょう。

そして、堀君は今週、1着賞金6700万円のオールカマーにアルバートを登録してきましたので、彼がこの馬をどう仕上げてくるのか、最後まで目が離せませんね。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「元調教師のNさん」から届いた、アルバートについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク