オールカマーと神戸新聞杯を勝って、池江厩舎との差を詰めたいのでしょう

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 038

今日は、デビューを近付いている2歳馬の中から、私が注目している1頭を紹介しましょう。

それは、新開幸一厩舎のオトコ馬・ベストフィックス(父キングヘイロー、母ウィッチフルシンキング)です。

この馬は、全姉に、2013年のJBCレディスクラシックなど、地方交流重賞を5勝したメーデイアがいて、半姉に、2006年の福島牝馬Sを勝ったロフティーエイム(父サンデーサーレンス)がいる血統ですね。

ベストフィックスは、何ヶ月か前まで、腹回りがボテッとしていて、子供っぽさを残していましたけど、夏を越えて体が引き締まってきて、毛ヅヤもかなり良くなってきました。

9月1日(金)に、「追分ファームリリーバレー」(北海道勇払郡安平町)から美浦トレセンに入厩していて、15日(金)にゲート試験に受かっていますね。

それからも念入りに乗り込まれていて、昨日の調教では、南ウッドで強めに追われて、4Fが56秒3、終いの1Fが13秒7という時計を出していました。

フラッグアドミラル(3歳500万下)をコンマ4秒追い掛けて、最後は同入に持ち込んでいましたよ。

馬体に緩いところがあるので、もう少し絞れて欲しいのですが、掻き込みがかなり強いですから、実戦でも期待できそうです。

まだ、いつ使うかは決まっていませんが、このまま順調に行けば、10月7日(土)からの東京開催でデビューできるかもしれませんね。

さて、ここからは、栗東の矢作芳人厩舎が、オールカマーに使うカフジプリンスと、神戸新聞杯に使うホウオウドリームについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のSさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

・・・・・・・・・・

矢作芳人君は、毎年、東大に何人も合格者を出しとる開成高校を卒業した後、大学には行かんで競馬の世界に入ると、オーストラリアで馬のことを勉強して、それから菅谷禎高(さだたか)厩舎などで調教助手をやっとりましたな。

彼は、厩舎を開業した2005年に15勝を上げて、5年目の2009年には、47勝で調教師リーディング2位になっとりましたし、2013年の7月28日(日)には、「今までで2番目の早さ」でJRA通算300勝を達成しとりました。

しかも彼は、厩舎の仕事で忙しい中、自分の経験を題材にした、「開成調教師」、「開成調教師の仕事」っちゅう2冊の本を出しとって、スポーツ紙のコラムも書いとるんやから、物書きの才能もあるんでしょうな。

そんで矢作君は、「管理馬をできる限り多くのレースに出して、馬主さんにたくさん賞金を稼いでもらいたい」っちゅう考えなんで、毎年のように「出走回数1位」を記録しとるんですわ。

実際、去年は「511戦」もしとるし、2番目に多い音無秀孝厩舎が「398戦」なんやから、飛び抜けて多いんがよう分かるやろ。

ちなみに、今年に入ってから先週までも、一番多い「374戦」に管理馬を使っとります。

で、矢作君は、2014年に、54勝を上げて、念願の調教師リーディング1位になりましたな。

もちろん、一昨年の彼は、2年連続のリーディング1位を狙っとった筈やけど、「41勝・獲得賞金10億1479万円」っちゅう数字で、リーディング5位に終わっとりましたし、1位やった堀君の成績は、「54勝・獲得賞金15億2486万円」っちゅうもんで、矢作厩舎より、勝ち星が「13」、賞金が「5億1007万円」も多かったんですわ。

せやから、去年の矢作君は、「リーディング1位を奪い返したい」、「もっと賞金を稼ぎたい」と考えとった筈で、実際、今までで一番の「57勝」を上げて1位になったんやから、ワシの見込みは正かったんやろう。

でも、去年は、リアルスティールを使ったドバイターフと、キョウエイギアを使った地方交流G1のジャパンダートダービーを勝っとるんやけど、JRAの重賞は函館2歳Sと新潟ジャンプSとアルテミスSの3勝だけで、それが響いたんか、稼いだ賞金は「12億0069万円」と、1番やった池江君の「17億4666万円」より「5億4597万円」も少なかったんで、矢作君は、間違いなく、「今年こそ勝ち星と賞金の両方で1位になりたい」と思っとるでしょうな。

けど、今年に入ってから先週までの成績は、「34勝・獲得賞金7億2686万円」っちゅうもんで、今、リーディングやと、1位の池江厩舎(48勝)に「14勝の差」を付けられて5位やし、賞金も、1位の池江厩舎(12億8731万円)に、「5億6045万円の差」を付けられて6位やから、ワシが矢作君やったら、「上位との差を詰めるために、賞金の高い重賞レースを勝って一気に稼ぎたい」と考えますわ。

そんで今週は、オールカマー(1着賞金6700万円)にカフジプリンスを、神戸新聞杯(同5400万円)にホウオウドリームを使いますんで、ワシは、「矢作君が勝負を懸けてきた」と見とったんや。

そんで、一昨日の朝、坂路でやった2頭の最終追い切りの内容が、ワシの見込み通りのもんやったから、どっちもエエ走りが期待できそうですな。

・・・・・・・・・・

「元調教師のSさん」から届いた、矢作芳人厩舎が、オールカマーに使うカフジプリンスと、神戸新聞杯に使うホウオウドリームについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク