府中牝馬Sで、ヴィクトリアマイルの再現を狙っているのでしょう

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 096 縮小

小野次郎厩舎のコーリンベリー(牝6・父サウスヴィグラス)は、次走の予定が、11月3日(金)の地方交流G1・JBCスプリントですね。

一昨年のJBCスプリントなど、今までに重賞を3つ使っているこの馬は、前走の地方交流重賞・東京盃で6着に負けてしまいましたけど、骨折休養明けだったことを考えれば、この結果は仕方ないと思いますし、久々を叩いて、状態は上向いてくるでしょう。

この馬を管理している小野君は、1986年に騎手候補生になって、1989年に高松邦男さんの厩舎から乗り役としてデビューしていました。

高松さんの厩舎は、桜花賞を勝ったブロケードや、天皇賞・秋を勝ったキョウエイプロミスや、宝塚記念を勝ったパーシャンボーイなどを育てていた名門でしたが、2009年に、定年まで9年を残して引退しましたね。

ちなみに小野君の同期には、今でも現役で頑張っている田中勝春君や、調教師として活躍している角田晃一君や、栗東の河内洋厩舎で調教助手をやっている小池隆生君や、競馬評論家として活躍している佐藤哲三君がいます。

乗り役時代の小野君は、アイオーユーに乗った1995年のカブトヤマ記念と、タイキダイヤに乗った1999年のクリスタルCと、マニックサンデーに乗った2000年の4歳牝馬特別(現在のフローラS)と、ディープサマーに乗った2005年のクリスタルCと、ユキノサンロイヤルに乗った2005年の日経賞と、重賞を全部で5つ勝っていました。

ちなみに、小野君は乗り役だった時に、私の厩舎にいたエクスキックという馬の主戦をやってくれましたし、その他にも、コウヨウアイリーン、シェルクレール、エイトターボ、メキシカンシチー、ヤマショウフジノなど、私が管理していた馬に何度も乗ってくれました。

もちろん、調教師となった今でも個人的に思い入れの強い存在なので、小野厩舎にはいい結果を残して欲しいと願っています。

さて、ここからは、栗東の荒川義之厩舎が府中牝馬Sに使うデンコウアンジュについて、私の頼もしい仲間の一人で、JRAで乗り役と調教助手をやっていた鎌田光也君から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

荒川義之先生は、1994年の10月に競馬学校の厩務員課程に入って、次の年の4月には、飯田明弘さん(2014年の2月に引退・メイショウマンボなどを管理)の厩舎で厩務員になって、その年の12月からは調教助手になって経験を積んどりましたな。

でもって、2007年に調教師の試験に受かると、その年に自分の厩舎を開業しとります。

最初の年こそ、7月の開業やったこともあって、勝ち星は1つだけで、獲得した賞金は「4569万円」っちゅうもんやったけど、次の年は、「19勝・獲得賞金3億7017万円」と、一気に数字を伸ばしとったし、オースミグラスワンを使った2008年の新潟大賞典で初めて重賞を勝つと、ジュエルオブナイルを使った2009年の小倉2歳S、ギュスターヴクライを使った2012年の阪神大賞典、メイショウカンパクを使った2012年の京都大賞典、デンコウアンジュを使った一昨年のアルテミスS、マドリードカフェを使った今年の京都ハイジャンプとか、今までに8つの重賞を勝っとります。

荒川先生が飯田厩舎におった頃は、障害の重賞を勝ちまくったリターンエースや、2000年の産経大阪杯や2001年の鳴尾記念を勝ったメイショウオウドウとか、大きいレースを勝ってたくさん賞金を稼いどった馬がおったんで、それを間近で見て、「どういう馬がよう走るんか」をしっかり学べたんでしょうな。

そんで2012年の荒川厩舎は、さっきも書いたように、ギュスターヴクライを使った阪神大賞典と、メイショウカンパクを使った京都大賞典を勝つなど、26勝を上げて、今までで一番多い「5億7518万円」っちゅう賞金を稼いどりました。

せやけど、去年までの4年間は、
2013年→20勝・獲得賞金3億3442万円
2014年→25勝・獲得賞金4億5236万円
2015年→16勝・獲得賞金3億1144万円
2016年→12勝・獲得賞金3億2527万円

っちゅう形で2012年の数字をずっと下回っとるんで、今年の荒川先生は、「もっと賞金を稼がなアカン」と考えとるでしょうな。

そんで、実際、マドリードカフェで京都ハイジャンプを勝って、デンコウアンジュがヴィクトリアマイルで2着に入るなど、先週までの成績が「12勝・獲得賞金3億0980万円」っちゅうもんで、去年のペースを上回っとるんやけど、荒川先生は、先週までの結果に満足せんで、これからも全力を注いでくるとワシは見とります。

何せ、今、荒川先生が管理しとる32頭の中で「稼ぎ頭」のマドリードカフェは、5月の京都ハイジャンプを勝ってから、一度もレースを走っとらんし、今は放牧に出されとりますんで。

もちろん、ワシが荒川先生やったら、「その分を他の馬でキッチリ稼いでおきたい」と考える筈や。

そんな中で今週は、1着賞金5500万円の府中牝馬Sにデンコウアンジュを登録してきましたんで、実際に先生がどう仕上げてくるんか、これからの動きを、最後の最後までキッチリ確認せなアカンやろな。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

元JRA騎手・調教助手の鎌田光也君から届いた、デンコウアンジュについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク