「月に3万円の運転手当」など、「従業員思いのKオーナー」が秋華賞で…

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

techaer_yamada130315.jpg

斎藤誠厩舎のウラヌスチャーム(牝2歳・父ルーラーシップ)は、次走の予定が、10月28日(土)のアルテミスS(東京・芝1600m)ですね。

この馬は、8月5日(土)の新馬戦(新潟芝1600m)でデビューしていて、このレースでは、ゲートの出が良くなかったため、後ろからの競馬になってしまいましたが、直線を向いたところで大外に持ち出されると、上がり3Fが32秒0の脚を使って、差し切り勝ちを決めました。

まだ、子供っぽいところがありますけど、この時期の2歳馬が、上がり32秒0の脚を使えたのは、素質があるからなのでしょうね。

それに、この馬を管理している斉藤君は、ゴスホークケンを使った2007年の朝日杯FSや、クリスマスを使った2013年の函館2歳Sや、ヌーヴォレコルトを使った2014年のオークスを勝っているように、2歳や3歳の若駒の仕上げをとても得意としています。

ですから、アルテミスSに向けて、斎藤君がウラヌスチャームをどう仕上げてくるのか、注目したいです。

さて、ここからは、栗東の浜田多実雄厩舎が秋華賞に使うカワキタエンカについて、いつも私に美味しい情報をくれる、「馬主秘書のIさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

カワキタエンカの川島吉男オーナーは、東京都世田谷区の北烏山に本社を構えている「株式会社久留米興業」の代表取締役を、少し前まで務めておりました。

1974年に設立された同社は、主に、上下水道配管工事や駐車場新設工事などを手掛けており、役所関連の業務も多く受注しているとのことですから、業績は「順調そのもの」と言える状況なのでしょう。

更に同社は、私が確認したところ、「月に3万円の運転手当を支給」、「月に2万円の皆勤手当を支給」、「残業はほとんどなし」、「年に3回の大型連休取得を推進」といった形で、従業員が非常に働きやすい環境を整えているそうですから、少し前までその代表取締役を務めていた川島オーナーは、周囲から厚い信頼を寄せられている筈です。

馬主としての川島オーナーは、1987年頃からJRAで馬を走らせ始めており、過去の代表的な存在としては、2011年のアルゼンチン共和国杯で3着だったカワキタコマンドや、2013年の朝日チャレンジCで2着だったカワキタフウジンなどが挙げられ、現在は5頭を所有しております。

2011年の川島オーナーは、カワキタコマンドの活躍などにより、過去最高となる「5勝・獲得賞金1億5267万円」という成績を残しておりました。

しかし、それから昨年までは、
2012年→1勝・獲得賞金2097万円
2013年→1勝・獲得賞金5504万円
2014年→2勝・獲得賞金4087万円
2015年→3勝・獲得賞金3400万円
2016年→4勝・獲得賞金3730万円
という形で数字が伸び悩んでおりますので、今年の川島オーナーは、「少しでも2011年の成績に近づけたい」と強く願っていることでしょう。

そして、今年に入ってから先週までの成績は、「2勝・獲得賞金5386万円」というもので、既に昨年の獲得賞金を上回っておりますが、オーナーは、現在の成績に満足していないと私は見ております。

何故なら、川島オーナーは、馬主としてのキャリアが既に30年を超えているベテランですが、まだ一度も重賞を勝てておりませんので、1着賞金9200万円(馬主の取り分は8割の7360万円)の秋華賞にカワキタエンカを出走させるにあたっては、「初の重賞勝ちをGIで飾りたい」と願っている筈ですので。

もちろん、私が川島オーナーであれば、この馬を預けている浜田先生に対して、迷わずメイチの勝負仕上げを依頼しますし、実際、元調教師の方から届いている、最終追い切りについての報告が、

「昨日、坂路に入れられて、4Fが53秒6、終いの1Fが12秒5っちゅう時計を馬なりで出しとりました。力強いフットワークで走れとったし、追い切った後も落ち着いとったんで、浜田君がキッチリ仕上げてきたんやろ」

という内容でしたから、好レースが期待できそうです。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「馬主秘書のIさん」から届いた、カワキタエンカについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク