化粧品販売を手掛けるオーナーが、ルミエールオータムDを勝ちたい理由

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。
画像 242_R

戸田博文厩舎のグランシルク(牡5歳・父ステイゴールド)は、次走の予定が11月19日(日)のマイルCSになりましたね。

この馬を管理している戸田君は、東京競馬場がある府中市の出身でして、お父さんの仕事の関係で、確か中学生の頃に美浦に引っ越して来ていて、江戸崎西高校に進んでから馬術部に入ると、3年生の時に滋賀国体で優勝して、茨城県から表彰されていますね。

そして、専修大学に進んでからも、馬術部に入って、4年生の時には、「関東学生馬術協会」の幹事長をやっていて、「全日本学生馬術大会」で団体優勝をしています。

大学を出てからは、大久保洋吉厩舎(1997年のオークス馬メジロドーベルなどを管理)などの調教助手として経験を積んで、2000年の3月に調教師の試験に受かって、次の年の3月に自分の厩舎を開業しました。

2006年には、キストゥヘヴンを使ったフラワーCで初めての重賞勝ちを飾ると、同じキストゥヘヴンを使った桜花賞で初めてのGI勝ちも飾っていて、その他にも、フェノーメノで2013年と2014年の天皇賞・春を勝つなど、今までに重賞を17勝していますね。

でも、彼の厩舎は、今書いた2014年の天皇賞・春から、GIをご無沙汰していますので、きっと今は、「久々にGIを勝ちたい」と考えているのでしょう。

もちろん、戸田君はグランシルクにかなり期待しているのでしょうから、マイルCSに向けて、この馬をどう仕上げてくるのか、注目したいと思っています。

そしてここからは、杉浦宏昭厩舎がルミエールオータムDに使うナックビーナスについて、私の頼もしい仲間の一人、「馬主のHさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ナックビーナスを所有している小松欣也オーナーの本業は、福島県の田村郡小野町に本社を構えて、主に化粧品と栄養補助食品の研究、企画、販売を手掛けている、「株式会社エヌ・エー・シー」の代表取締役ですわね。

1989年に設立された同社は、化粧品と栄養補助食品の他にも、医療部外品や、美容器具や、健康器具の販売なども行っていますわ。

現在、同社は、福島県郡山市に「ショールーム」と「企画室」、山形県酒田市と福井県福井市に「配送センター」、東京都港区に「青山店」、オーストラリアのゴールドコーストに「ゲストハウス」を有するなど、着実に拠点を増やしていますので、その代表取締役を務めている小松オーナーは、「優秀な経営者」と言えますわね。

また、私が聞いた話によれば、小松オーナーは、一昨年、本社がある小野町の健康福祉課に、寝たきりとなった高齢者の手助けができる介護福祉用具(自動排泄処理装置)5台を寄贈したそうですから、地元の方から厚い信頼を寄せられているのでしょう。

馬主としての小松オーナーは、2006年から地方で馬を走らせていますが、JRAで走らせ始めたのは一昨年からで、現在、JRAの所有馬で、現役で走っているのはナックビーナスだけですの。

一昨年の小松オーナーは、「0勝・獲得賞金580万円」という成績でしたけど、昨年は、この馬で4勝を上げて、「7417万円」の賞金を稼いでいましたわ。

また、小松オーナーは、一昨年から「競走馬セール」に参加していて、
■2015年
5月15日(金)に行われた「千葉サラブレッドセール」で1頭を2160万円で落札
■2016年
5月16日(月)に行われた「千葉サラブレッドセール」で1頭を799万円で落札
10月3日(月)~5日(水)に行われた「HBAオータムセール」で1頭を280万円で落札
と、計3頭を総額3239万円で落札していますの。
(金額は全て税込表記)

そして今年も、5月12日(金)に行われた、「千葉サラブレッドセール」で1頭を2484万円(税込)で落札していますわ。

ただ、同セールが終わってから先週までは。1勝もできていないことが影響して、獲得した賞金は「1007万円」で、その内、「馬主の取り分」は8割の「805万円」ですから、落札に要した資金のまだ3割ほどしか回収できていませんの。

そこで、現在の小松オーナーは、「賞金の高い特別レースを勝って、セールで使った資金の回収を早めたい」と強く願っている筈でして、今週、1着賞金2300万円(馬主の取り分は8割の1840万円)のルミエールオータムDにナックビーナスを出走させるにあたっては、私がオーナーでしたら、「何が何でも勝ちたい」と考えて、この馬を預けている杉浦宏昭先生に対して、メイチの勝負仕上げをお願いしますわね。

実際に、元調教師の方から届いている最終追い切りについての報告が、

「25日(水)、ポリトラックで追われて、5Fが64秒6、終いの1Fが11秒7という時計を馬なり出していました。イキオイ(古馬1000万下)と併せる形で、1秒1前を走っていた相手を追い掛けて、最後はキッチリ同入に持ち込んでいましたし、デキがいい馬ならではの素軽い動きを見せていましたから、いいレースが期待できそうです」

という内容でしたから、好レースが期待できると私は見ていますの。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

ナックビーナスについて、「馬主のHさん」から届いた報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク