「京王杯2歳Sを勝って、繋靱帯炎になった【あの馬】の分まで稼ぎたい」と考えているのでしょうね

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

「LINEの公式アカウント」を開設しました。

今なら、

「開設記念スペシャルキャンペーン」

として、「友だち追加」で、超高額の払戻金が見込める「関係者のガチンコ買い目」を完全無料で取得できます。

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

下のQRコードを読み込むか、

qr

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

おはようございます。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

画像 219_R

昨日、大野拓弥君は、サウンドトゥルーに乗った、地方交流G1の「JBCクラシック」(大井ダート2000m)を勝ちましたね。

彼は、2005年に杉浦宏昭厩舎からデビューしていて、競馬学校の同期には、現役の乗り役なら、小島太一君、鮫島良太君、中村将之君がいます。

7年目の2011年に大野君は、コスモファントムに乗った小倉大賞典で初めての重賞勝ちを飾っていましたね。

その後、スノードラゴンに乗った2014年のスプリンターズSで初めてGIを勝つと、サウンドトゥルーに乗った2016年のチャンピオンズCなどを勝っていて、今までにJRAの重賞を8勝していますし、地方交流は、昨日の「JBCクラシック」を入れて、全部で5勝しています。

また大野君は、2005年にデビューしてから、単勝万馬券の馬を13回も勝たせている大穴ジョッキーとしても有名ですし、彼は、マイラッキーやドリームオブワイやコウヨウパイオニアといった、私の厩舎にいた馬に何度も乗ってくれましたから、個人的に思い入れのある乗り役です。

そして今年に入ってから先週までの大野君は、JRAで「49勝」を上げていて、この数字は、今までで一番だった去年の「54勝」に迫るペースですから、きっと、今は、「JBCクラシックを勝った勢いに乗ってどんどん勝ちたい」と思っているのでしょうね。

こういった中、彼は、今日と明日は東京で、

■4日(土)

1R・2歳未勝利→サイモンジルバ
4R・2歳未勝利→ニシノオトコマサリ
7R・3歳上500万下→ラレッサングル
8R・3歳上500万下→ジュンスターホース
9R・南武特別→ビービーガウディ
12R・3歳上1000万下→スクラッタ

■5日(日)

1R・2歳未勝利→ウッドカービング
2R・2歳未勝利→セイウンクールガイ
3R・2歳未勝利→セイウンミツコ
4R・2歳新馬→プレシャスクルー
6R・2歳新馬→シナモンフレイバー
9R・百日草特別→スターフィールド

の12頭に乗りますので、彼のレース振りには注目しなければなりませんね。

そしてここからは、菊川正達(まさたつ)厩舎が京王杯2歳Sに使うマイティーワークスについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のOさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

菊川正達君は、メジロティターン(1982年の天皇賞・秋など重賞3勝)などでお馴染みの尾形盛次厩舎から、1982年に乗り役としてデビューしました。

1988年には、盛次先生の息子さんの充弘君の厩舎に移って、1998年には柴崎勇さんの厩舎に移って、その年に乗り役を引退しています。

乗り役時代の菊川君は、通算63勝という成績を残しましたね。

それから彼は、柴崎厩舎の調教助手になって、2000年に調教師の試験に受かると、次の年に自分の厩舎を開業しました。

最初の年は「3勝・獲得賞金6279万円」、2年目は「7勝・獲得賞金9624万円」という結果でしたけど、3年目に「10勝・獲得賞金1億2662万円」という成績を残して、それからは、毎年勝ち星を2ケタに乗せていて、2006年には、「24勝・3億2580万円」という成績を残していましたし、2010年には、コスモヘレノスを使ったステイヤーズSで、乗り役時代には縁がなかった重賞を初めて勝っていますね。

そして、2014年までの菊川厩舎は、
2011年→13勝・獲得賞金2億3205万円
2012年→13勝・獲得賞金2億1312万円
2013年→14勝・獲得賞金3億1466万円
2014年→22勝・獲得賞金3億3704万円
という成績を残していて、この中で、2014年は開業してから一番の賞金を稼いでいました。

でも、一昨年と去年は、
2015年→10勝・獲得賞金2億3720万円
2016年→16勝・獲得賞金2億3878万円
という物足りない成績でしたから、今年の菊川君は、「必ず巻き返したい」と強く願っているのでしょうし、実際に、先週までの成績が、コマノインパルスで京成杯を勝つなど、「12勝・獲得賞金2億5858万円」というもので、もう去年の賞金を上回っていますけど、2014年の賞金を超えるには、あと「7846万円」を稼がないといけませんから、今の彼は、「もっと賞金の高いレースを勝ってペースを上げたい」と考えている筈です。

それに、今年、「3859万円」を稼いでいたコマノインパルスは、皐月賞の後に、繋靱帯炎になってしまって、しばらくレースには出られませんので、今の菊川君は、「その分を他の馬で稼ぎたい」とも考えているでしょうね。

そして今日は、1着賞金が3800万円の京王杯2歳Sにマイティーワークスを使いますので、私は、彼がメイチに仕上げてくると見ていましたし、実際にこの馬をどう仕上げてくるのか、一昨日、最終追い切りの様子をじっくりと確認したところ、南ウッドに入れられて、5Fが68秒6、終いの1Fが13秒7という時計を馬なりで出していました。

前走のくるみ賞から中1週なので、今回は軽めの内容でしたけど、軽快なフットワークで走れていましたし、追い切った後の歩様もスムーズでしたから、力を出し切れる状態に仕上がっている筈です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

「元調教師のOさん」から届いた、京王杯2歳Sのマイティーワークスについての報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク