FC2ブログ

中京記念と函館2歳Sで、7年振りの重賞勝ちを狙っているのでしょうね

★☆★☆ 競馬ファンの皆様に特大朗報! ☆★☆★

毎週に渡り好結果を残している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、
「完全無料」で体験する絶好のチャンス!

「LINE@の友だち追加」を済ませれば、
「超高額の払戻金が見込める、関係者のガチンコ買い目」
を完全無料で取得できます!

「友だち追加」は、下のリンクをクリックするか、

友だち追加

LINEアプリを起動

「友だち検索」

ID
@ph.koushiki
で検索

「友だち追加」をタップ

の手順で行えますので、どうぞお見逃しなく!

・・・・・・・・・・

こんにちは。
元JRA調教師で、今は、パーフェクトホースマンズの調教師情報部に所属している山田要一です。

new one

斎藤誠厩舎のアグレアーブル(牝5歳・父マンハッタンカフェ)は、次走の予定が、7月29日(日)のクイーンSになりました。

この馬は、アメリカのG1を2勝したラヴアンドプライドが叔母にいて、プリークネスSなどアメリカのG1を3勝して、種牡馬としても活躍しているバーナーディニが近親にいる血統なんですよ。

アグレアーブルは、2歳の時に新馬勝ちしていて、その後は、東京スポーツ杯2歳S(7着)やフローラS(6着)に使われるなど、出世を期待されていたんですけど、3歳の夏に500万条件を勝った後、屈腱炎になってしまって、ずっと休んでいました。

でも、今年の4月1日(日)の500万条件で復帰して、その時は2着で、次走も2着でしたけど、6月16日(土)の遊楽部特別(函館・芝1800m)で2年振りに勝っていて、前走、7月8日(日)のかもめ島特別(函館・芝1800m)では、勝負所で包まれる不利があって3着に負けています。

元々、陣営は、かもめ島特別を勝てばクイーンSに挑戦させる予定でしたし、前走の疲れを感じさせないことや、登録頭数がフルゲートを割りそうなこともあって、出走させると決めたそうです。

この馬を管理している斎藤君は、千葉県内では有名な進学校の市川高校を卒業した後、大学には進まないで、1993年に競馬学校の厩務員課程に入って、その後、前田禎(ただし)厩舎で厩務員をやって、1997年から2005年までは調教助手をやっていました。

でも、2005年の10月に前田さんが亡くなってしまい、厩舎が解散することになったので、その後は、相沢郁厩舎と清水英克厩舎で腕を磨いて、2006年の2月に調教師の試験に受かると、その年の6月に、35歳の若さで厩舎を開業しています。

斎藤君の厩舎は、去年、「39勝・獲得賞金7億5598万円」という、開業してから一番の成績を残していたんですけど、今年は、ミッシングリンクで地方交流のTCK女王盃を勝っているものの、JRAでは、先週までに「11勝・獲得賞金2億2792万円」という成績で、まだ去年の3分に1にも届いていないんですよ。

ですから、アグレアーブルには、「とにかく稼いで欲しい」と期待している筈で、クイーンSに向けて、彼がどう仕上げてくるのか、しっかり見極めて馬券に活かしたいと思っています。

ちなみに、ヤネは、来週から短期免許で来日する、香港のジョアン・モレイラ君の予定です。

そしてここからは、高橋裕(ゆたか)厩舎が登録している、中京記念のマイネルアウラートと函館2歳Sのカルリーノについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のMさん」から届いた報告を紹介しておきましょう。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

高橋裕君は、1977年から、乗り役だった時にクリノハナで皐月賞やダービー、オンワードゼアで有馬記念を勝つなど、大きなレースで活躍していた八木沢勝美さんの厩舎で調教助手をやって、1991年の2月に調教師の試験に受かるまで、ずっと八木沢さんの厩舎一筋で腕を磨いていました。

そして、1991年の暮れに自分の厩舎を開業した高橋君は、その年は1勝しか上げられませんでしたが、次の年は6勝、3年目だった1993年には13勝まで数字を伸ばしていましたし、この年は、マイネルリマークを使った共同通信杯4歳S(現在の共同通信杯)で、初めての重賞勝ちを飾っていますね。

それからも、着実に勝ち鞍を積み重ねていて、「開業10年目」だった2000年には、ルネッサンスを使ったラジオたんぱ賞(現在のラジオNIKKEI賞)を勝つなど、今までで最高の「24勝・獲得賞金4億0508万円」という成績を残していました。

ただ、それからは2000年の成績を超えられていなくて、去年までの5年間も、

2013年→14勝・獲得賞金2億0934万円
2014年→12勝・獲得賞金1億9208万円
2015年→19勝・獲得賞金2億8454万円
2016年→13勝・獲得賞金3億0154万円
2017年→14勝・獲得賞金2億3813万円

という状況でしたから、今年の高橋君は、「2000年を上回る成績を残したい」と考えている筈です。

でも、先週までの成績は、「7勝・獲得賞金1億1458万円」というもので、このままのペースですと、2000年の数字どころか、去年の数字を上回れるかどうかも微妙ですね。

そんな中、今週は、1着賞金が3900万円の中京記念にマイネルアウラート、3100万円の函館2歳Sにカルリーノを登録してきましたので、高橋君が間違いなく勝負を懸けてきたのでしょう。

それに、彼の厩舎は、セイクリッドバレーで2011年の新潟大賞典を勝ってから、ずっと重賞を勝てていませんので、この2頭には、「久々に重賞を勝ちたい」という思いも込められている筈です。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥

高橋裕厩舎が登録している、中京記念のマイネルアウラートと函館2歳Sのカルリーノについて、「元調教師のMさん」から届いた報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、馬券に活かしたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主・小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA騎手・鎌田光也君のブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA調教助手・小西聖一さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト
プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

競馬

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク