fc2ブログ

毎日王冠で、「中舘英二君の同期」に感じる勝負気配

こんにちは。

元JRA調教師で、今は、「パーフェクトホースマンズ」の「調教師情報部」に所属している山田要一です。

y-photo01.jpg

前走、8月14日(日)の関屋記念は11着でしたが、3走前、2月6日(日)の東京新聞杯を勝つなど、今までに「1億0612万円」の賞金を稼いでいる、久保田貴士厩舎のイルーシヴパンサー(牡4歳・父ハーツクライ)は、次走の予定が10月22日(土)の富士Sです。

前にも何度かこのブログで紹介していますので、知っている方も多いと思いますけど、久保田貴士君は、1978年から2002年まで調教師をやっていた久保田敏夫さんの長男で、敏夫さんは、1987年のスプリンターズS(当時はGII)を勝ったキングフローリックや、1993年のクイーンSを勝ったユキノビジンなどを管理していました。

敏夫さんが調教師の試験に受かった1977年は、まだ東京競馬場に厩舎があって、久保田君も小さい頃は府中に住んでいましたけど、トレセンができた1978年に美浦へ移ったんですよ。

府中にいた頃、野球少年だった彼は、美浦に移ったのをきっかけに馬術を始めると、すぐに馬乗りが上手になって、江戸崎西高(現在の江戸崎総合高)の3年生の時には国体で優勝していて、明治大学に推薦で入学できるくらいの腕前になっていました。

久保田君は、当たり前ですが、大学に進んだ後も馬術を続けて、2年生だった1987年から1989年にかけて、「全日本学生馬術選手権」の「個人の部」を3連覇していて、その時は馬術でオリンピック出場を目指していたんですけど、敏夫さんの勧めで、馬術を引退して競馬の世界に進むことを決めたそうです。

大学を卒業した後は、1986年のジャパンCを勝ったジュピターアイランドなどを管理していた、イギリスのクライヴ・ブリテン厩舎で2年くらい馬のことを学んでいました。

彼がブリテン厩舎にいた1991年には、ジャパンCに遠征して12着だったテリモンの「トラベリング・ヘッドラッド」(遠征主任)として来日していたんですよ。

そして、日本に戻ってからは、1992年の4月に競馬学校の厩務員課程に入って、その年の10月から柴田欣也厩舎で厩務員をやって、その後は、高橋英夫厩舎と石毛善彦厩舎と高橋祥泰(よしやす)厩舎で調教助手をやっていました。

高橋祥泰厩舎では、1996年のNHKマイルCを勝ったタイキフォーチュンや、ダートの短距離で活躍したサウスヴィグラスなど、走る馬の調教を担当していましたから、いい経験になったのでしょう。

2002年に調教師の試験に受かった久保田君は、次の年の3月に自分の厩舎を開業していて、最初の年こそ、「6勝・獲得賞金6993万円」という成績でしたが、2年目が「16勝・獲得賞金2億2193万円」、3年目が「26勝・獲得賞金3億7108万円」と順調に成績を伸ばしていて、それからは毎年20勝以上をキープしています。

開業5年目だった2007年には、ワイルドワンダーを使ったアンタレスSで初めて重賞を勝つと、同じワイルドワンダーを使ったプロキオンS、ドラゴンファイヤーを使ったシリウスSと、この年だけで重賞を3つも勝っていて、それを含めて全部で29勝を上げて、「6億4874万円」という、今までで一番多い賞金を稼いでいましたし、2015年には、マリアライトを使ったエリザベス女王杯で初めてGIを勝つなど、30勝を上げて、「6億0817万円」の賞金を稼いでいました。

でも、その後は数字が伸び悩んでいて、一昨年までの3年間も、

2018年→20勝・獲得賞金2億8156万円
2019年→20勝・獲得賞金2億9291万円
2020年→21勝・獲得賞金3億9224万円

と、物足りない数字が続いていましたから、去年の久保田君は「必ず巻き返したい」と考えていたのでしょう。

実際、去年は、「25勝・獲得賞金5億1046万円」という成績で、勝ち星と賞金のどっちも、一昨年を大きく上回っていたんですよ。

それに、今年に入ってからも勢いは続いていて、イルーシヴパンサーを使った東京新聞杯で、5年半振りに重賞を勝つなど、先週までに16勝を上げて、稼いだ賞金は「3億1774万円」と、去年の同じ時期(10月3日【日】まで)の「2億9051万円」を上回っています。

もちろん、今の久保田君は、「この勢いを止めたくない」と考えているのでしょう。

という訳で、1着賞金が5900万円の富士Sに向けて、彼がイルーシヴパンサーをどう仕上げてくるのか、キッチリ確認して馬券に活かしたいと考えています。

そしてここからは、鹿戸雄一厩舎が毎日王冠に登録しているキングストンボーイについて、私の頼もしい仲間の一人、「元調教師のMさん」から届いた報告を紹介しておきますね。

・・・・・・・・・・

鹿戸雄一君は、お父さんが北海道の門別にある牧場で働いていて、馬が身近な環境で育ちました。

中学校を出た後、鹿戸君は、馬事公苑の長期騎手課程に入って、天皇賞・秋などを勝ったニッポーテイオーでお馴染みの久保田金造厩舎から、1984年に乗り役としてデビューしていて、同期には、調教師になっている中舘英二君や、調教助手になっている木幡初広君と出津孝一君や、調教師を辞めて、今は競馬学校の教官をやっている坂本勝美君などがいます。

乗り役として、マイネルプラチナムに乗った1998年の札幌3歳S(現在の札幌2歳S)や、ビーマイナカヤマに乗った2000年と2001年のガーネットS(現在のカペラS)など、重賞を4勝、全部で346勝を上げていた鹿戸君は、3度目の挑戦で調教師の試験に受かって、2007年の2月一杯で乗り役を引退しました。

調教師の試験に受かってからの彼は、ゼンノロブロイのイギリス遠征に帯同するなど、乗り役の頃から調教を手伝っていた藤沢和雄厩舎で技術調教師をやって、馬のことはもちろん、厩舎の色々なことも教わった後、増沢末夫さんと矢野進さんの厩舎を引き継ぐ形で、2008年の3月に自分の厩舎を開業しています。

開業1年目の鹿戸君は、幸先良く、矢野進厩舎から引き継いだスクリーンヒーローでアルゼンチン共和国杯とジャパンCを勝つなど、全部で15勝を上げて、「6億8738万円」の賞金を稼いでいました。

2年目以降は、毎年20勝以上を記録していて、2016年には、ビッシュを使った紫苑Sを勝つなど、今までで一番多い33勝を上げていましたし、賞金も、2017年が「3億8832万円」だった以外は、毎年4億円以上を稼いでいるんですよ。

そして去年は、エフフォーリアを使った皐月賞で、開業した年以来のGI勝ちを飾ると、この馬で天皇賞・秋と有馬記念も勝っていて、他も入れたら、年末までに28勝を上げて、今までで一番多い「11億2690万円」の賞金を稼いでいました。

でも今年は、先週までに稼いだ賞金が「4億6062万円」と、まだ去年の4割くらいですから、きっと今の鹿戸君は、「早く巻き返したい」と考えているのでしょう。

そういった中、今週は、1着賞金が6700万円の毎日王冠にキングストンボーイを登録してきましたので、「勝負懸かり」と考えるべきでしょうし、実際、私のところに届いている最終追い切りについての報告が、

「昨日、南ウッドに入れられて、6Fが87秒8、終いの1Fが11秒6という時計を出していました。コンマ9秒先行していたライツオブキングス(2歳未勝利)を追い掛ける形の調教で、ゴール前で鞍上が仕掛けると鋭い伸びを見せて、最後はキッチリ同入していましたし、追い切った後の気合い乗りも抜群でしたよ」

というものでしたから、いいレースが期待できそうです。

・・・・・・・・・・

鹿戸雄一厩舎が毎日王冠に登録しているキングストンボーイについて、「元調教師のMさん」から届いた報告は以上です。

さて、話は変わりますが、私が所属している「パーフェクトホースマンズ」では、ホームページや、いくつかのブログの中で、「馬券に欠かせない情報」を包み隠さずに公開していますので、「正確な情報を知って、万馬券を取りたい」と考えている方には、こまめに確認することをお勧めしておきますよ。

「パーフェクトホースマンズ」のホームページ
↓↓↓
【 こ ち ら 】

元JRA馬主で、一口馬主クラブの代表も務めていた小栗範恭さんのブログ
↓↓↓↓↓
【 こ ち ら 】

今日は、ここまでにしておきます。

それではまた。
スポンサーサイト



プロフィール

山田要一

Author:山田要一
元JRA調教師です。

騎手の勝負服を作っている、「河野テーラー」の息子が同級生だったことから、中学卒業後は騎手見習いとして競馬の世界に脚を踏み入れました。

そしてその後は、騎手、調教助手を経て調教師となり、ケリーバッグでの桜花賞2着、オークス3着、ブルーベイブリッジでの重賞勝ち、カナハラドラゴンの重賞戦線での活躍など、色々な思い出を残すことができました。

しかし、ある人物と出会ったことがきっかけで、調教師としての仕事よりも夢中になれそうなことを見付けたことから、定年の8年前に調教師を引退して現在に至っているのです。

このブログでは、私が定年まで8年を残して調教師を引退した理由や、それから現在までの経緯、及び現在の活動などを紹介させていただきます。

最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

応援お願いします!
応援のクリックは
こちらへお願い致します。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ
カレンダー
01 | 2023/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
リンク